株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比70円安の23190円  1月31日07時50分

ADR(米国預託証券)日本株はNTTドコモ<9437>、キヤノン<7751>、伊藤忠<8001>、三井物<8031>が堅調。半面、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、コマツ<6301>、LINE<3938>が軟調など対東証比較(1ドル108.79円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比70円安の23190円。

30日の米国株式相場は下落。ダウ平均は362.59ドル安の26076.89、ナスダックは64.02ポイント安の7402.48で取引を終了した。世界的な金利上昇への警戒感からアジア・欧州株が全面安となり、米国株にも売りが先行。先行き不透明感からポジションを手仕舞う動きが散見され、終日軟調推移となった。原油相場の下落が嫌気されたほか、今晩のトランプ大統領による一般教書演説の内容を見極めたいとの思惑も広がった。

30日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円42銭まで下落後、108円94銭まで反発し、108円77銭で引けた。米国の1月消費者信頼感指数は予想を上回ったことや、ムニューシン米財務長官が上院議会証言で、「長期的な国益にかなうドル高を断然支持する」との見解を表明し、米国の為替政策は従来と変わっていないとの見方が広がったことから、リスク回避的なドル売りは後退した。

NY原油先物3月限は続落(NYMEX原油3月限終値:64.50 ↓1.06)。


なお、ADR日本株の上昇率、下落率上位は以下の通り。

■ADR上昇率上位銘柄(30日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<6770> アルプス 59.55ドル 3239円 (129円) +4.15%
<7751> キヤノン 40.14ドル 4367円 (124円) +2.92%
<8031> 三井物 360.18ドル 1959円 (35円) +1.82%
<9437> NTTドコモ 25.39ドル 2762円 (32円) +1.17%
<8411> みずほFG 3.87ドル 211円 (2円) +0.96%


■ADR下落率上位銘柄(30日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<5406> 神戸鋼 5.24ドル 1141円 (-27円) -2.31%
<6723> ルネサス 5.75ドル 1251円 (-28円) -2.19%
<6954> ファナック 26.79ドル 29145円 (-525円) -1.77%
<3938> LINE 45.56ドル 4956円 (-84円) -1.67%
<6361> 荏原 20.43ドル 4445円 (-70円) -1.55%


■その他ADR銘柄(30日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒円
<1925> 大和ハウス 40.8ドル 4439円 (-18円)
<1928> 積水ハウス 18.56ドル 2019円 (-3.5円)
<2503> キリン 25.63ドル 2788円 (6.5円)
<3402> 東レ 20.3ドル 1104円 (-2.5円)
<3407> 旭化成 26.47ドル 1440円 (-2.5円)
<3938> LINE 45.56ドル 4956円 (-84円)
<4452> 花王 70.82ドル 7705円 (-3円)
<4523> エーザイ 57.6ドル 6266円 (-24円)
<4901> 富士フイルム 41.77ドル 4544円 (-26円)
<4911> 資生堂 52.35ドル 5695円 (11円)
<5108> ブリヂストン 24.64ドル 5361円 (-19円)
<6301> コマツ 38.7ドル 4210円 (-44円)
<6503> 三菱電 36.41ドル 1981円 (-13.5円)
<6586> マキタ 48.59ドル 5286円 (6円)
<6645> オムロン 65.69ドル 7146円 (-84円)
<6702> 富士通 37.24ドル 810円 (-0.5円)
<6723> ルネサス 5.75ドル 1251円 (-28円)
<6753> シャープ 9.18ドル 3995円 (-30円)
<6758> ソニー 47.35ドル 5151円 (-32円)
<6762> TDK 92.3ドル 10041円 (1円)
<6902> デンソー 31.94ドル 6950円 (-12円)
<6954> ファナック 26.79ドル 29145円 (-525円)
<6971> 京セラ 67.22ドル 7313円 (-8円)
<6988> 日東電 45.64ドル 9929円 (30円)
<7201> 日産自 21.67ドル 1179円 (3円)
<7202> いすゞ 17.3ドル 1882円 (16円)
<7203> トヨタ 139.62ドル 7595円 (-34円)
<7267> ホンダ 35.83ドル 3898円 (-27円)
<7270> SUBARU 16.78ドル 3651円 (2円)
<7733> オリンパス 38.99ドル 4242円 (-13円)
<7741> HOYA 52.68ドル 5731円 (-17円)
<7751> キヤノン 40.14ドル 4367円 (124円)
<7974> 任天堂 53.38ドル 46458円 (-552円)
<8001> 伊藤忠 40.15ドル 2184円 (20.5円)
<8002> 丸紅 76.4ドル 831円 (-2.4円)
<8031> 三井物 360.18ドル 1959円 (35円)
<8053> 住友商 17.74ドル 1930円 (0.5円)
<8058> 三菱商 56.89ドル 3094円 (2円)
<8306> 三菱UFJ 7.7ドル 838円 (-1.1円)
<8309> 三井トラスト 4.22ドル 4591円 (13円)
<8316> 三井住友 9.15ドル 4977円 (-2円)
<8411> みずほFG 3.87ドル 211円 (2円)
<8591> オリックス 97.06ドル 2112円 (-5円)
<8604> 野村HD 6.51ドル 708円 (-4円)
<8766> 東京海上HD 47.82ドル 5202円 (-6円)
<8802> 菱地所 19.36ドル 2106円 (-12.5円)
<9437> NTTドコモ 25.39ドル 2762円 (32円)
<9735> セコム 19.66ドル 8555円 (-26円)
<9983> ファーストリテイ 44.33ドル 48227円 (-103円)
<9984> ソフトバンクG 41.3ドル 8986円 (-60円)




<HT>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »