株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は大幅反落、京セラとファーストリテで約73円押し下げ  2月02日17時01分

2日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり64銘柄、値下がり158銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は大幅反落。1日の米国市場でNYダウは37ドル高となったが、米国債利回りの高止まりに対する警戒感から上値の重い展開だった。日経平均は前日に大幅高となった反動もあり、本日は利益確定売りが先行して124円安からスタートした。その後も米長期金利の時間外取引での上昇や、日銀の「指し値オペ」通知で銀行株が弱含みになったことなどが重しとなり、前場には23122.45円(前日比363.66円安)まで下落する場面があった。後場に入ると日銀による上場投資信託(ETF)買い入れ観測でやや下げ渋った。

大引けの日経平均は前日比211.58円安の23274.53円となった。東証1部の売買高は17億0244万株、売買代金は3兆2149億円だった。業種別では、空運業、証券、その他製品が下落率上位だった。一方、卸売業、電気・ガス業、海運業が上昇率上位だった。

値下がり寄与トップは京セラ<6971>、同2位はファーストリテ<9983>となり、2銘柄で日経平均を約73円押し下げた。京セラは6.6%安で本日の取引を終えた。前日に第3四半期決算を発表しているが、通期の営業利益予想据え置きがネガティブ視されたようだ。日経平均構成銘柄の下落率トップはカシオ<6952>で7.9%安だった。第3四半期決算が市場コンセンサスを下回る内容だった。

一方、値上がり寄与トップは花王<4452>、同2位はユニー・F<8028>となった。花王は5.1%高で本日の取引を終えた。前日に通期決算発表を行っており、市場想定線ながら堅調な業績推移が再評価されたようだ。日経平均構成銘柄の上昇率トップはリコー<7752>で11.3%高だった。第3四半期決算が市場コンセンサスを大きく上回り、通期予想も上方修正している。構造改革による収益性改善が評価された。


*15:00現在


日経平均株価  23274.53(-211.58)

値上がり銘柄数  64(寄与度+64.10)
値下がり銘柄数 158(寄与度-275.68)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<4452> 花王           8115     397 +14.73
<8028> ユニー・F        7690     180 +6.68
<7752> リコー          1223     124 +4.60
<6758> ソニー          5485     100 +3.71
<4568> 第一三共         3930     80 +2.97
<8031> 三井物          2031     79 +2.93
<4911> 資生堂          5876     75 +2.78
<8252> 丸井G           2089     68 +2.52
<7267> ホンダ          3890     31 +2.30
<2502> アサヒ          5712     45 +1.67
<7751> キヤノン         4389     29 +1.61
<2282> 日本ハム         2679     38 +1.41
<8015> 豊通商          4605     35 +1.30
<8058> 三菱商          3152     33 +1.22
<6503> 三菱電         2049.5     30 +1.11
<3099> ミツコシイセタン   1376     29 +1.08
<5301> 東海カ          1628     26 +0.96
<3086> Jフロント        2099     46 +0.85
<2002> 日清粉G         2234     21 +0.78
<2503> キリンHD       2801.5     20 +0.74

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<6971> 京セラ          7007    -493 -36.59
<9983> ファーストリテ    48620    -970 -35.99
<8035> 東エレク        20090    -445 -16.51
<6954> ファナック       29660    -390 -14.47
<9984> ソフトバンクG     8956    -127 -14.14
<4063> 信越化         12155    -325 -12.06
<4519> 中外薬          5670    -320 -11.87
<9433> KDDI           2799     -34 -7.57
<6988> 日東電          9523    -178 -6.60
<6952> カシオ          1572    -134 -4.97
<6098> リクルートHD     2704.5     -44 -4.90
<6301> コマツ          4200    -115 -4.27
<6506> 安川電          5640    -110 -4.08
<6857> アドバンテ       2265     -52 -3.86
<4021> 日産化          4475     -95 -3.53
<7269> スズキ          6149     -95 -3.53
<6762> TDK           10210     -90 -3.34
<9766> コナミHD         6000     -90 -3.34
<2801> キッコーマン      4500     -90 -3.34
<4902> コニカミノルタ     1037     -78 -2.89



<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »