株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個人投資家スマイルマン:好決算への期待が高い2銘柄のご紹介!【FISCOソーシャルレポーター】  2月02日20時53分

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家スマイルマン氏(ブログ「脱サラSの急騰銘柄監視日記」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----
※2018年1月25日18時に執筆

株ブログ『脱サラSの急騰銘柄監視日記』を執筆しているスマイルマンと言います。

決算シーズンに突入となります。

今回は好決算への期待が高い銘柄をご紹介したいと思いますので、ご参考にして頂ければと思います。

しかし、決算前に期待から大きく買われるようなら決算を持ち越した時の下落リスクが大きいのでそこには注意が必要です。

決算前に期待で大きく買われてしまうとどれだけいい決算が出ても材料出尽くしという形で叩き売られる可能性が高いからです。

決算を持ち越す際にはこの点だけ意識しておく必要があります。

ソノコム<7902>

電子業界用スクリーンマスクの専業メーカーになります。スクリーンマスク、フォトマスク、スクリーン印刷用資機材等を手掛けております。

同社は2月13日に第3四半期の決算発表予定となっている銘柄になります。既に第2四半期の決算と同時に上方修正を発表している事からも業績が好調に推移している事が分かります。

しかし上方修正した数字に対しても第2四半期時点で純利益の進捗率が69%と高い事からも再上方修正も狙えると見てます。

同社の主要顧客である電子部品業界はスマートフォンや自動車関連の各種電子部品の需要は高く、今回の決算も好調な数字が期待出来るでしょう。

加えてキャッシュリッチな会社である事からも株主還元策への思惑もあり、これも株価を上げる材料になると見てます。

エムケイシステム<3910>

社会保険、労働保険、給与計算等の業務支援システムを手掛けている会社になります。社会保険労務士事務所向けにASP・クラウド方式で展開。

同社は2月8日に第3四半期の決算発表を控えている銘柄になります。業績が高成長を維持している事に加え、働き方改革関連としても注目を集めており買いが向かいやすいと見てます。

特に平成29年3月期第3四半期より事業を開始したCuBe事業の拡大に注目したいです。この事業は大手企業の人事総務部門等に対し、業務プロセスに着目したコンサルテーションを行い、業務の効率化に資するフロントシステムを顧客ごとにカスタマイズし開発し提供するサービスになります。これは政府が推進する働き方改革の目的に適うシステムである事からも今後注目を集める可能性が高いと見てます。

また社労夢事業におきましてもユーザー数が順調に増加しており、それに伴い月額利用料が積みあがっている事も見逃せない好材料と言えます。

しかし時価総額が小さく、板も非常に薄い事からも売買はしにくく、短期というよりは押し目を狙って中長期保有に適した銘柄と見てます。
----
執筆者名:スマイルマン
ブログ名:脱サラSの急騰銘柄監視日記





<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »