株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比75円安の21855円  2月21日08時23分

トヨタ<7203>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、花王<4452>、京セラ<6971>、ANA<9202>が小安い。半面、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、富士フイルム<4901>、HOYA<7741>が小じっかりなど、対東証比較(1ドル107.28円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円安の21855円。

20日の米国株式相場は下落。ダウ平均は254.63ドル安の24964.75、ナスダックは5.16ポイント安の7234.31で取引を終了した。小売大手のウォルマート(WMT)の決算内容が嫌気され、売りが先行。前週の株価上昇を受けて利益確定の動きが広がったほか、為替相場でのドル高進行、長期金利の上昇も嫌気され、軟調推移となった。

20日のニューヨーク外為市場でドル・円は、107円38銭まで上昇後、107円07銭まで反落したが、107円33銭で引けた。米財務省が実施する入札を控えた債券利回りの上昇を受け、ドル買いが優勢となった。その後、ロシア政府による米大統領選干渉疑惑を捜査するモラー特別検察官は、弁護士1名を新たに訴追したとの報道を受けてドルはやや伸び悩んだ。ユーロ・ドルは、1.2320ドルまで下落後、1.2362ドルまで反発し、1.2330ドルで引けた。ユーロ圏2月消費者信頼感指数速報値が予想を下回ったことに失望したユーロ売りが優勢となった。

NY原油先物4月限は続伸(NYMEX原油4月限終値:61.79 ↑0.24)。


なお、ADR日本株の上昇率、下落率上位は以下の通り。

■ADR上昇率上位銘柄(20日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<6762> TDK 87.45ドル 9382円 (152円) +1.65%
<1812> 鹿島 95.35ドル 1023円 (15円) +1.49%
<2802> 味の素 18.68ドル 2004円 (26.5円) +1.34%
<7741> HOYA 52.1ドル 5589円 (60円) +1.09%
<8309> 三井トラスト 4.15ドル 4452円 (40円) +0.91%

■ADR下落率上位銘柄(20日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<8303> 新生銀 3.15ドル 1690円 (-51円) -2.93%
<6361> 荏原 18.19ドル 3903円 (-67円) -1.69%
<9202> ANA 7.89ドル 4232円 (-71円) -1.65%
<5406> 神戸鋼 5.56ドル 1193円 (-17円) -1.4%
<6702> 富士通 29.51ドル 633円 (-6.9円) -1.08%

■その他ADR銘柄(20日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒円
<1925> 大和ハウス 37.2ドル 3991円 (19円)
<1928> 積水ハウス 17.73ドル 1902円 (-2円)
<2503> キリン 26.15ドル 2805円 (14円)
<3402> 東レ 20.43ドル 1096円 (1円)
<3407> 旭化成 24.9ドル 1336円 (-5円)
<4452> 花王 73.34ドル 7868円 (-21円)
<4523> エーザイ 52.58ドル 5641円 (32円)
<4901> 富士フイルム 40.9ドル 4388円 (23円)
<4911> 資生堂 59.16ドル 6347円 (-3円)
<5108> ブリヂストン 22.42ドル 4810円 (-1円)
<5401> 日鉄住金 24ドル 2575円 (12.5円)
<6301> コマツ 37.36ドル 4008円 (2円)
<6503> 三菱電 34ドル 1824円 (-5.5円)
<6586> マキタ 47.6ドル 5107円 (37円)
<6645> オムロン 57.41ドル 6159円 (29円)
<6702> 富士通 29.51ドル 633円 (-6.9円)
<6723> ルネサス 5.38ドル 1154円 (7円)
<6753> シャープ 8.13ドル 3489円 (-16円)
<6758> ソニー 49.41ドル 5301円 (5円)
<6902> デンソー 29.28ドル 6282円 (51円)
<6954> ファナック 25.69ドル 27560円 (95円)
<6971> 京セラ 57.67ドル 6187円 (-17円)
<6988> 日東電 39.01ドル 8369円 (-12円)
<7201> 日産自 20.85ドル 1118円 (1円)
<7202> いすゞ 16.18ドル 1736円 (-5.5円)
<7203> トヨタ 135.85ドル 7287円 (-4円)
<7267> ホンダ 35.59ドル 3818円 (33円)
<7270> SUBARU 17.36ドル 3725円 (-13円)
<7733> オリンパス 39.31ドル 4217円 (2円)
<7741> HOYA 52.1ドル 5589円 (60円)
<7751> キヤノン 36.94ドル 3963円 (10円)
<7974> 任天堂 54.25ドル 46560円 (-400円)
<8001> 伊藤忠 38.29ドル 2054円 (-9円)
<8002> 丸紅 75.39ドル 809円 (-1.5円)
<8031> 三井物 366.3ドル 1965円 (13.5円)
<8053> 住友商 17.11ドル 1836円 (14円)
<8058> 三菱商 57.1ドル 3063円 (9円)
<8306> 三菱UFJ 7.34ドル 787円 (2.4円)
<8309> 三井トラスト 4.15ドル 4452円 (40円)
<8316> 三井住友 8.93ドル 4790円 (17円)
<8411> みずほFG 3.78ドル 203円 (1.4円)
<8591> オリックス 88.9ドル 1907円 (-7円)
<8604> 野村HD 6.18ドル 663円 (-2.5円)
<8766> 東京海上HD 47.01ドル 5043円 (5円)
<8802> 菱地所 17.66ドル 1894円 (-9円)
<9202> ANA 7.89ドル 4232円 (-71円)
<9437> NTTドコモ 25.38ドル 2723円 (-10円)
<9735> セコム 18.54ドル 7954円 (-8円)
<9983> ファーストリテイ 39.79ドル 42687円 (-23円)
<9984> ソフトバンクG 41.64ドル 8934円 (12円)




<HT>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »