株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比50円高の21710円  2月23日08時09分

トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>が冴えない。半面、ファナック<6954>、花王<4452>、HOYA<7741>、オムロン<6645>、TDK<6762>が小じっかりなど、対東証比較(1ドル106.75円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円高の21710円。

22日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は164.70ドル高の24962.48、ナスダックは8.14ポイント安の7210.09で取引を終了した。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、株価下落を受けた買い戻しが広がり買いが先行。1月景気先行指数が予想を上振れたほか、原油相場の上昇が好感され上げ幅を拡大したものの、長期金利の下落で金融セクターに売りが広がり、上値の重い展開となった。

22日のニューヨーク外為市場でドル・円は、107円09銭から106円60銭まで下落し、106円73銭で引けた。米先週分新規失業保険申請件数が予想を下回り労働市場のひっ迫を再確認、米7年債入札の結果は低調となったものの、米10年債利回りは節目となる3%手前で伸び悩んだため、ドルの利食い売りが優勢となった。ユーロ・ドルは、1.2265ドルから1.2352ドルまで上昇し、1.2328ドルて引けた。ユーロ・円は、一時131円29銭まで売られたが、131円95銭まで戻した。

NY原油先物4月限は大幅反発(NYMEX原油4月限終値:62.77 ↑1.09)。


なお、ADR日本株の上昇率、下落率上位は以下の通り。

■ADR上昇率上位銘柄(22日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<3101> 東洋紡 20.08ドル 2144円 (98円) +4.79%
<6952> カシオ 143.84ドル 1535円 (30円) +1.99%
<3407> 旭化成 25.26ドル 1348円 (23円) +1.74%
<8303> 新生銀 3.19ドル 1703円 (29円) +1.73%
<8267> イオン 17.5ドル 1868円 (23円) +1.25%


■ADR下落率上位銘柄(22日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<6460> セガサミーHD 3.62ドル 1547円 (-23円) -1.46%
<7752> リコー 10.65ドル 1137円 (-14円) -1.22%
<6753> シャープ 8.21ドル 3506円 (-39円) -1.1%
<7201> 日産自 20.66ドル 1103円 (-9円) -0.81%
<6839> 船井電機 1.43ドル 763円 (-6円) -0.78%


■その他ADR銘柄(22日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒円
<1812> 鹿島 93.83ドル 1002円 (10円)
<1925> 大和ハウス 36.46ドル 3892円 (16円)
<1928> 積水ハウス 17.29ドル 1846円 (8円)
<2503> キリン 25.78ドル 2753円 (3円)
<3402> 東レ 20.37ドル 1087円 (-2円)
<3407> 旭化成 25.26ドル 1348円 (23円)
<4452> 花王 74.36ドル 7938円 (14円)
<4523> エーザイ 52.2ドル 5572円 (2円)
<4901> 富士フイルム 40.3ドル 4302円 (-21円)
<4911> 資生堂 59.96ドル 6401円 (14円)
<5108> ブリヂストン 22.14ドル 4728円 (-12円)
<5201> 旭硝子 8.29ドル 4425円 (-10円)
<6301> コマツ 36.97ドル 3947円 (13円)
<6503> 三菱電 33.69ドル 1798円 (-1円)
<6586> マキタ 47.46ドル 5066円 (6円)
<6645> オムロン 59.24ドル 6324円 (14円)
<6702> 富士通 29.75ドル 635円 (-0.6円)
<6753> シャープ 8.21ドル 3506円 (-39円)
<6758> ソニー 49.85ドル 5321円 (-28円)
<6762> TDK 87.85ドル 9378円 (28円)
<6902> デンソー 28.98ドル 6187円 (-21円)
<6954> ファナック 25.38ドル 27088円 (28円)
<6971> 京セラ 57.43ドル 6131円 (-25円)
<6988> 日東電 39.58ドル 8450円 (-47円)
<7201> 日産自 20.66ドル 1103円 (-9円)
<7202> いすゞ 16.07ドル 1715円 (-5.5円)
<7203> トヨタ 135.23ドル 7218円 (-17円)
<7267> ホンダ 35.57ドル 3797円 (-10円)
<7270> SUBARU 17.22ドル 3676円 (-11円)
<7733> オリンパス 38.52ドル 4112円 (-8円)
<7741> HOYA 51.49ドル 5497円 (34円)
<7751> キヤノン 36.93ドル 3942円 (1円)
<7974> 任天堂 55.2ドル 47141円 (-39円)
<8001> 伊藤忠 37.84ドル 2020円 (6円)
<8031> 三井物 358.3ドル 1912円 (-1.5円)
<8053> 住友商 17.26ドル 1843円 (11.5円)
<8058> 三菱商 55.66ドル 2971円 (2円)
<8267> イオン 17.5ドル 1868円 (23円)
<8306> 三菱UFJ 7.17ドル 765円 (0.4円)
<8309> 三井トラスト 4.11ドル 4387円 (41円)
<8316> 三井住友 8.79ドル 4692円 (7円)
<8411> みずほFG 3.72ドル 199円 (0.6円)
<8591> オリックス 88.45ドル 1888円 (-7.5円)
<8604> 野村HD 6.04ドル 645円 (-1.2円)
<8766> 東京海上HD 46.16ドル 4928円 (-8円)
<8802> 菱地所 17.36ドル 1854円 (-1円)
<9437> NTTドコモ 25.03ドル 2672円 (4円)
<9735> セコム 18.11ドル 7733円 (-17円)
<9983> ファーストリテイ 39.62ドル 42289円 (-41円)
<9984> ソフトバンクG 41ドル 8754円 (-21円)




<HT>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »