株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=NYダウ上昇などを受け反発、前引けにかけ締まる  2月23日11時49分

 23日前引けの日経平均株価は前日比77円87銭高の2万1814円31銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は5億7293万株、売買代金概算は1兆816億4000万円。値上がり銘柄数は1389、対して値下がり銘柄数は597、変わらずは80銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、買い優勢の展開。日経平均株価は高く始まった後いったん伸び悩んだが、プラス圏をキープして前引けにかけ締まった。前日の米国株市場でNYダウが反発したものの、外国為替市場で円高に振れ、朝方は強弱感が対立した。原油市況高を背景に原油関連株が上昇したほか、建設や不動産などの内需株が買われ全体相場を支えた。

 個別では任天堂<7974.T>が大商いで上昇、ソフトバンクグループ<9984.T>も高い。日本電産<6594.T>、武田薬品工業<4502.T>なども堅調。ジーンズメイト<7448.T>が値を飛ばし、ヴィンクス<3784.T>、有沢製作所<5208.T>も大幅高。北沢産業<9930.T>も物色人気となった。半面、ソニー<6758.T>、東京エレクトロン<8035.T>が冴えず、花王<4452.T>も安い。スターティア<3393.T>が大幅安、フランスベッドホールディングス<7840.T>、ノーリツ鋼機<7744.T>も売られた。ブレインパッド<3655.T>も安い。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連ニュース】
任天堂が大商いで1000円高、売買代金は日経レバを上回り全市場トップ◇
フラベッドHが大幅に3日続落、株式売り出しによる需給悪化懸念
北沢産業が大幅続伸で3カ月ぶり新高値が目前、年5円配でPBR0.6倍に割安感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »