株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・2日>(前引け)=図研エルミック、巴工業、ロゼッタ  3月02日11時44分

 図研エルミック<4770.T>=一時ストップ高。同社はきょう、大日本印刷<7912.T>が開発したインターネット上でセキュリティー性の高い機器間の通信環境を構築するVPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)サービス「DNP Multi-Peer VPN」のライセンス契約を締結したと発表。これが材料視されているようだ。エルミックでは、IoT(モノのインターネット)化への動き進むFA(ファクトリーオートメーション)系や車載系システムの開発に携わる顧客に対して、積極的に提案していくとしている。

 巴工業<6309.T>=大幅高。同社が1日の取引終了後に発表した第1四半期(17年11月~18年1月)連結決算が、売上高95億1700万円(前年同期比12.1%増)、営業利益3億7300万円(同4.8倍)、純利益2億5200万円(前年同期100万円の赤字)と大幅営業増益となったことが好感されている。国内・海外向けに機械製造販売が伸長したほか、半導体製造用途向け搬送用商材や、自動車用途向け材料などの化学工業製品販売などが好調に推移した。また、機械製造販売事業の採算改善や化学工業製品版売事業で収益性の良い商材が伸長したことなども利益の押し上げに寄与した。

 ロゼッタ<6182.T>=反発。2日付の日本経済新聞で「総務省は人工知能(AI)による同時通訳システムを活用した企業の製品開発を後押しする」と報じられていることを受けて、自動翻訳関連の代表的銘柄として物色されているようだ。記事によると、総務省所管の情報通信研究機構(NICT)が持つ同時通訳の基幹技術の民間開放を進め、初期投資を抑えて実用化に乗り出しやすくし、グーグルなど米IT大手企業も開発を急ぐAI通訳技術を官民で育てるのが狙いという。ロゼッタでは、昨年11月に自動翻訳システム「T-4OO(ver.2)」を発売しているが、さらなる技術開発に期待が持たれている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=大幅続落、米国株急落を受け広範囲に売り込まれる
エルミックが一時S高、大日印とVPNのライセンス契約を締結◇
ロゼッタが反発、総務省がAI同時翻訳システムを活用した企業の製品開発後押しと報じられる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »