株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

伊予銀行<8385>のフィスコ二期業績予想 10月13日21時30分

※この業績予想は2018年9月28日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

伊予銀行<8385>

3ヶ月後
予想株価
850円

愛媛県が地盤の地方銀行。預金量は四国トップ。9月1日時点の拠点数は152。中国やシンガポールにも拠点。中期経営計画の純利益目標は205億円。19.3期1Qは国債等債券売却益が増加。一方、経常費用も増加。

19.3期の貸出金利は貸出金運用の回復を見込む。預かり資産収益やソリューション関連手数料は増加へ。グループ預り資産残高や貸出金は増加を計画。次世代型店舗への移行を進める。株価は底堅い推移が続く見込み。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/119,000/-/29,500/18,600/58.79/14.00
20.3期連/F予/125,000/-/31,000/19,500/61.63/14.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/09/28
執筆者:NI


<DM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »