株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日和産業<2055>のフィスコ二期業績予想 10月28日18時00分

※この業績予想は2018年10月14日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日和産業<2055>

3ヶ月後
予想株価
320円

配合飼料中堅。養鶏、養豚、養牛、養魚、実験動物用の飼料を製造販売。うさぎ用飼料はペット向けにも進出。日本で初めてダチョウ専用配合飼料を生産。畜産も展開。豚肉相場下落による畜産停滞で19.3期1Qは足踏み。

主原料の米国産トウモロコシや副原料の大豆粕価格上昇を、配合飼料の値上げで吸収。種子油脂配合で脂肪酸バランス良好なヘルシー卵が好調。三原工場増設により生産能力拡大。PBR低く、株価は買い優勢の展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/41,500/700/800/500/25.90/5.00
20.3期連/F予/42,700/800/900/580/30.00/5.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/14
執筆者:YT


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »