株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は続落、ソフトバンクGと大塚HDの2銘柄で約48円押し下げ(訂正)  9月30日18時00分

30日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり42銘柄、値下がり178銘柄、変わらず5銘柄となった。

日経平均は続落。27日の米国市場でNYダウは続落し、70ドル安となった。トランプ政権が中国企業の米株式市場での上場廃止や、政府年金基金を通じた中国市場への投資制限を検討していると報じられ、米中関係の更なる悪化が懸念された。週明けの日経平均もこうした流れを引き継いで85円安からスタートすると、前場は21800円を挟みもみ合う展開が続いた。ただ後場に入ると弱含み、取引終盤には一時21666.60円(前週末比212.30円安)まで下落した。配当再投資に絡んだ思惑一服なども背景にあったとみられている。

大引けの日経平均は前週末比123.06円安の21755.84円となった。東証1部の売買高は12億6255万株、売買代金は2兆3371億円だった。業種別では、電気・ガス業、空運業、鉱業が下落率上位で、その他も全般軟調。サービス業のみ小幅に上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の76%、対して値上がり銘柄は22%となった。

値下がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位は大塚HD<4578>となり、2銘柄で日経平均を約48円押し下げた。ソフトバンクGは、中国企業に向かう米国の資金活用を制限する方法を議論などと報じられアリババ株が下落した影響とみられる。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは大塚HDで13.62%安、同2位は関西電力<9503>で8.03%安だった。大塚HDは、アルツハイマー型認知症に伴うアジテーション治療薬であるAVP-786の2本目のフェーズ3試験において、主要評価項目を達成できなかったことで失望売りが膨らんだ。関西電力は同社役員らが福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていた問題を引き続き嫌気。

一方、値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はテルモ<4543>となり、2銘柄で日経平均を約21円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップはクレセゾン<8253>で4.62%高、同2位はバンナムHD<7832>で2.91%高だった。クレセゾンは、JPモルガン証券が投資判断を格上げしたと観測されている。


*15:00現在

日経平均株価  21755.84(-123.06)

値上がり銘柄数  42(寄与度+57.01)
値下がり銘柄数 178(寄与度-180.07)
変わらず銘柄数  5

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    64210     350 +12.73
<4543> テルモ          3480     59 +8.58
<7832> バンナムHD       6730     190 +6.91
<4507> 塩野義          5999     158 +5.75
<6098> リクルートHD      3286     45 +4.91
<9766> コナミHD         5220     70 +2.55
<8253> クレセゾン       1449     64 +2.33
<4519> 中外薬          8400     40 +1.45
<7951> ヤマハ          4850     40 +1.45
<4704> トレンド         5140     40 +1.45
<8028> ファミリーマート   2633      8 +1.16
<6762> TDK            9670     30 +1.09
<1721> コムシスHD       3060     25 +0.91
<4021> 日産化学         4495     25 +0.91
<6976> 太陽誘電         2629     24 +0.87
<4043> トクヤマ         2477     69 +0.50
<7733> オリンパス       1456      3 +0.44
<6645> オムロン         5910     10 +0.36
<6506> 安川電          3965     10 +0.36
<5631> 日製鋼          2076     31 +0.23

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     4240    -114 -24.88
<4578> 大塚HD          4040    -637 -23.17
<4063> 信越化         11560    -220 -8.00
<8035> 東エレク        20565    -190 -6.91
<7203> トヨタ          7216    -153 -5.56
<4911> 資生堂          8629    -149 -5.42
<9433> KDDI           2825   -24.5 -5.35
<4452> 花王           7984    -139 -5.06
<4568> 第一三共         6804    -112 -4.07
<6857> アドバンテ       4775     -45 -3.27
<4502> 武田           3690     -90 -3.27
<7267> ホンダ         2798.5   -41.5 -3.02
<5108> ブリヂストン      4184     -79 -2.87
<6954> ファナック       20340     -70 -2.55
<1925> 大和ハウス       3506     -66 -2.40
<7751> キヤノン       2882.5   -43.5 -2.37
<7270> SUBARU          3040     -65 -2.36
<9022> JR東海         22220    -505 -1.84
<9064> ヤマトHD         1626   -49.5 -1.80
<5019> 出光興産         3055    -120 -1.75



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »