株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

GMOが反発、タウンWiFi子会社化で業容拡大期待 11月19日09時28分

 GMOインターネット<9449.T>が4日ぶり反発、一時77円高の2163円まで上値を伸ばす場面があった。同社は幅広くネット活用ビジネス支援を手掛けるが、主力のネットインフラ事業が好調で収益高成長が続いている。18日取引終了後、公衆無線LAN自動接続アプリを展開するタウンWiFiの株式を取得し子会社化することを発表、これによる業容拡大効果に期待した買いを呼び込む形となった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アドヴァンが反発、48万株を上限とする自社株買いを実施へ
ピアズが大幅反発、eスポーツイベント企画運営受託事業を開始
弁護士COMは続伸、飲食店向け予約サービスなどを手掛けるトレタと業務提携


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »