株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JMACSが一時S高、経産省が全国24万の鉄塔を点検指示の方針と報じられる◇  1月20日10時37分

 JMACS<5817.T>が一時ストップ高の658円に買われている。18日朝のNHKニュースで、「去年の台風15号で送電用の鉄塔が倒壊したことを受けて、全国で24万に上る鉄塔がすべて点検されることになった」と報じられており、同社や昭和電線ホールディングス<5805.T>などに思惑的な買いが入っているようだ。

 報道によると、経済産業省が全国の電力会社に全ての鉄塔を点検するよう指示する方針を固めたとしており、立地の状況や保守についての記録を点検したうえで、必要があれば鉄塔の補強計画をつくり、3月ごろまでに報告を求めるという。報道を受けて、巴コーポレーション<1921.T>なども高い。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
マナックが大幅高で5連騰、インフルエンザ流行で抗菌スプレーに思惑◇
<個人投資家の予想> 01月20日 10時
外為サマリー:1ドル110円10銭台で推移、様子見ムード強く動意薄


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »