株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=続落、朝安後に買い戻され乱高下  3月17日11時45分

 17日前引けの日経平均株価は前営業日比78円70銭安の1万6923円34銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は14億663万株、売買代金概算は1兆9288億5000万円。値上がり銘柄数は1043、対して値下がり銘柄数は1055、変わらずは68銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は前日に続いての乱高下。朝方は前日の米株暴落を受け売り優勢で始まり、日経平均は一時600円を超える下げをみせたが、米株価指数先物を横目にその後は先物を絡めたショートカバーで急速に切り返しプラス圏に浮上、一時500円強上昇する場面もあった。しかし、上値では戻り売り圧力が意識され、買い戻し一巡後は再びマイナス圏に沈んでいる。前引け時点の売買代金は1兆9000億円台と高水準。

 個別ではソフトバンクグループ<9984.T>が軟調、ファーストリテイリング<9983.T>、武田薬品工業<4502.T>なども安い。東京エレクトロン<8035.T>も売りに押された。資生堂<4911.T>も冴えない。ミサワ<3169.T>、前田道路<1883.T>が急落、UTグループ<2146.T>も大きく値を下げた。半面、ソニー<6758.T>が売買高をこなし高く、任天堂<7974.T>も上昇、トヨタ自動車<7203.T>も買いが優勢。エニグモ<3665.T>がストップ高に買われ、ブイキューブ<3681.T>も活況高。RPAホールディングス<6572.T>も上昇した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・17日>(前引け)=メドレー、エニグモ、カルナバイオ
トヨタが5日ぶり反発、1ドル107円近辺まで円安進行し買い戻し誘う
ブイキューブ逆行高、テレワーク関連のテーマに乗り空売り買い戻し誘発


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »