株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅反落、ファーストリテとソフトバンクGの2銘柄で約98円押し下げ  4月13日16時40分

13日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり17銘柄、値下がり206銘柄、変わらず2銘柄となった。

日経平均は大幅反落。10日の米国市場は聖金曜日で休場だった。買いの手掛かり材料に乏しいなか、国内では新型コロナウイルスの感染拡大が続き、週明けの日経平均は186円安からスタート。その後は日足チャート上で19200円台に位置する5日移動平均線水準での押し目買いや、日銀による上場投資信託(ETF)買い実施への期待が下支えとなり、前引けにかけて下げ渋る場面もあった。しかし、後場に入ると米株価指数先物の下落や円相場の上昇とともに弱含み、一時19014.32円(前週末比484.18円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前週末比455.10円安の19043.40円となった。東証1部の売買高は10億5607万株、売買代金は1兆6513億円と1月20日以来の低水準だった。業種別では、海運業、証券、鉄鋼が下落率上位で、その他も全般軟調。上昇したのは鉱業と水産・農林業の2業種のみだった。東証1部の値下がり銘柄は全体の80%、対して値上がり銘柄は18%となった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で日経平均を約98円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップはリクルートHD<6098>で7.99%安、同2位はファミマ<8028>で7.17%安だった。リクルートは、3メガバンクに計4500億円のコミットメントライン設定を求めていることが分かったと報じられたことが嫌気された。

一方、値上がり寄与トップはイオン<8267>、同2位はエムスリー<2413>となり、2銘柄で日経平均を約4円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップもイオンで2.96%高、同2位はヤマトHD<9064>で2.30%高だった。イオンは、先週末に20年2月期の決算を発表、営業利益は2155億円で前期比1.5%増益、従来予想の2300億円は下回ったが、市場コンセンサス線上での着地。信用取組など大幅な売り長状態にあり、決算を受けて買い戻しが優勢となったようだ。ヤマトHDは、4月16日から佐川急便と長野県松本市安曇上高地、安曇乗鞍、安曇白骨の各地域で共同配送を開始すると発表している。


*15:00現在

日経平均株価  19043.40(-455.10)

値上がり銘柄数  17(寄与度+9.66)
値下がり銘柄数 206(寄与度-464.76)
変わらず銘柄数  2

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<8267> イオン          2176    62.5 +2.25
<2413> エムスリー       3700     20 +1.73
<4502> 武田           3608     46 +1.66
<9064> ヤマトHD         1911     43 +1.55
<3382> 7&iHD           3472     22 +0.79
<4901> 富士フイルム      5471     12 +0.43
<4751> サイバー         4065     45 +0.32
<1721> コムシスHD       2804      5 +0.18
<6506> 安川電          3055      5 +0.18
<4506> 大日住薬         1414      4 +0.14
<1605> 国際帝石        662.5     9.9 +0.14
<1963> 日揮HD           986      3 +0.11
<8766> 東京海上         5124      3 +0.05
<3101> 東洋紡          1169     15 +0.05
<1332> 日水            472      1 +0.04
<4004> 昭電工          2307      5 +0.02
<9437> NTTドコモ        3287      2 +0.01

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    46350   -1840 -66.28
<9984> ソフトバンクG     4200    -147 -31.77
<8035> 東エレク        21790    -855 -30.80
<6098> リクルートHD     2514.5   -218.5 -23.61
<8028> ファミマ         1696    -131 -18.88
<6954> ファナック       14595    -450 -16.21
<4063> 信越化         11125    -345 -12.43
<6857> アドバンテ       4430    -140 -10.09
<6971> 京セラ          6075    -139 -10.01
<6367> ダイキン        13690    -225 -8.11
<7733> オリンパス       1569   -52.5 -7.56
<8015> 豊通商          2291    -175 -6.30
<4021> 日産化学         3740    -170 -6.12
<9433> KDDI           3100     -28 -6.05
<7951> ヤマハ          4145    -165 -5.94
<6758> ソニー          6507    -163 -5.87
<4452> 花王           8725    -152 -5.48
<7267> ホンダ         2336.5     -76 -5.48
<6762> TDK            8600    -150 -5.40
<4704> トレンド         4725    -140 -5.04



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »