株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅続落、ファーストリテが1銘柄で約20円分押し下げ  4月16日17時41分

16日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり42銘柄、値下がり182銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は大幅に続落。前日の米国市場では主要3指数は揃って大きく下落。大手金融企業の1-3月期決算で収益悪化が鮮明となり売りが先行。原油安に加え、新型コロナウイルスによる経済封鎖の影響で、3月小売売上高や4月NY連銀製造業景況指数が記録的な落ち込みとなったことが売りに拍車をかけた。こうした流れから、昨日は小幅調整で留まった日経平均も本日は大幅な売り調整となり、寄り付き直後には400円近い下落となった。ただ、日銀によるETF(上場投資信託)買いへの思惑も下支えとなり、その後は下げ渋り、後場に入ってからは前引け水準を挟んでこう着感を強める展開となった。

大引けの日経平均は前日比259.89円安の19290.20円となった。東証1部の売買高は12億9859万株、売買代金は2兆2102億円だった。業種別では、海運業、非鉄金属、輸送用機器が下落率上位となった一方、倉庫運輸業、水産農林業、情報通信業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の24%、対して値上がり銘柄は73%となった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>で1銘柄で日経平均を約20円押し下げた。同2位はダイキン<6367>となり、ファナック<6954>、京セラ<6971>、TDK<6762>、中外製薬<4519>、アステラス薬<4503>などがつづいた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは新生銀<8303>で5.48%安、同2位はマツダ<7261>で5.17%安だった。

値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>で1銘柄で日経平均を約21円押し上げた。同2位はエムスリー<2413>となり、東エレク<8035>、富士フイルム<4901>、大日住薬<4506>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  19290.20(-259.89)

値上がり銘柄数  42(寄与度+53.50)
値下がり銘柄数 182(寄与度-313.39)
変わらず銘柄数  1

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     4430           97 +20.97
<2413> エムスリー       3975          125 +10.81
<8035> 東エレク        22570          215 +7.74
<4901> 富士フイルム      5445           62 +2.23
<4506> 大日住薬         1492           48 +1.73
<2871> ニチレイ         2838           61 +1.10
<4751> サイバー         4125          150 +1.08
<2269> 明治HD          7770          120 +0.86
<2802> 味の素         1930.5           23 +0.83
<9766> コナミHD         3155           20 +0.72
<7735> スクリン         4285           95 +0.68
<4755> 楽天            917           18 +0.65
<4061> デンカ          2572           74 +0.53
<9432> NTT            2623           37 +0.53
<2432> DeNA           1244           49 +0.53
<5232> 住阪セメ         3275          120 +0.43
<1332> 日水            464           5 +0.18
<9301> 三菱倉          2166           10 +0.18
<4704> トレンド         4930           5 +0.18
<9437> NTTドコモ        3307           46 +0.17

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    47880         -560 -20.17
<6367> ダイキン        13425         -410 -14.77
<6954> ファナック       14365         -395 -14.23
<6971> 京セラ          5952         -181 -13.04
<6762> TDK            8580         -350 -12.61
<4519> 中外薬         13940         -340 -12.25
<4503> アステラス薬     1724.5          -58 -10.45
<4063> 信越化         11235         -265 -9.55
<4543> テルモ          3629          -65 -9.37
<7733> オリンパス       1609         -60.5 -8.72
<4452> 花王           8812         -188 -6.77
<7267> ホンダ          2280          -91 -6.56
<4911> 資生堂          6558         -151 -5.44
<2502> アサヒ          3498         -142 -5.12
<7203> トヨタ          6602         -136 -4.90
<4523> エーザイ         7817         -133 -4.79
<6506> 安川電          3115         -120 -4.32
<4568> 第一三共         7475         -118 -4.25
<6098> リクルートHD      2764          -36 -3.89
<7269> スズキ         2931.5        -107.5 -3.87




<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »