株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トーエネク続急伸、前期経常は27期ぶり最高益で配当を15円増額  5月19日09時17分

 トーエネック<1946.T>が続急伸している。18日取引終了後に発表した20年3月期の連結経常利益は前の期比23.3%増の125億1100万円に伸び、従来予想の113億円を上回って着地。27期ぶりの最高益更新となり、これを好材料視する買いが向かった。

 電力関連工事は減少したものの、一般得意先向け空調管工事などが増加したうえ、太陽光発電所の売電収入も伸び、増収を確保した。また、工事採算が改善したことに加え、年金制度見直しによる退職給付費用の減少なども大幅増益につながった。併せて、前期の年間配当を135円から150円(前の期は105円)に増額したことも好感されたようだ。なお、21年3月期の業績と配当見通しは非開示としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ダイコー通産が反発、20年5月期の期末一括配当を1円増額修正
野村マイクロが大幅6日続伸、5月25日付で東証2部へ市場変更
ニッタは大幅反発、35万株を上限に自社株買いを実施


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »