株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

金下建が後場カイ気配スタート、20年12月期業績予想を上方修正  8月04日12時41分

 金下建設<1897.T>が後場カイ気配スタートとなっている。前引け後、20年12月期業績予想について、営業利益を3億2000万円から5億5000万円(前期比3.8倍)へ、純利益を2億6000万円から4億1000万円(同2.2倍)へ上方修正したことが好感されている。

 売上高は110億円(同6.0%減)の従来見通しを据え置いたものの、工事採算が改善し完成工事総利益が増加したことが利益を押し上げるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
キューブシステムが14%高と急騰、顔認証システムで思惑
<個人投資家の予想> 08月04日 12時
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比でやや伸び悩む


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »