株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ホーブがS高カイ気配、21年6月期は営業利益4.2倍  8月07日09時35分

 ホーブ<1382.T>がストップ高の1065円水準でカイ気配となっている。6日の取引終了後に発表した21年6月期の連結業績予想で、売上高37億1400万円(前期比15.0%増)、営業利益1億200万円(同4.2倍)、純利益8400万円(同2.9倍)と大幅増益を見込んでいることが好感されている。

 主力のいちご果実・青果事業で、「夏瑞/なつみずき」の更なる販売拡大を図るほか、冬春期の適正な数量の仕入れ体制を強化することで利益を確保する見通し。なお、20年6月期決算は、売上高32億3000万円(前の期比10.1%減)、営業利益2400万円(同47.2%減)、純利益2800万円(同35.1%減)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
島津が続急騰、経費削減などで4~6月期営業は36%増益
重松製は朝方買われるも値を消す、コロナ特需で上期経常を大幅上方修正
トヨタが5連騰と上値追い鮮明、4~6月期黒字確保で7000円大台復帰が視界に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »