株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 サムティ、NTTドコモ、キャリアリンクなど 10月01日07時15分

銘柄名<コード>30日終値⇒前日比
サムティ<3244> 1579 +63
20年11月期業績予想のレンジ下限を引き上げ。

レオパレス21<8848> 191 +34
投資ファンドのフォートレスが支援の方針と伝わり。

ハイアス・アンド・カンパニー<6192> 222 -80
内部統制監査報告書及び監査報告書における意見不表明を発表。

フィードフォース<7068> 5420 -270
6-8月期営業利益は前年同期比4倍も3-5月期比では減益に。

セコム<9735> 9606 -349
警備業務の入札における談合の疑いで公取委が立ち入りと伝わり。

綜合警備保障<2331> 5000 -310
警備業務の入札における談合の疑いで公取委が立ち入りと伝わり。

アルファクス・フード・システム<3814> 748 +100
ALサービス<3085>展開の「かつや」へセミセルフレジ導入と。

NTTドコモ<9437> 3885 +672
NTTによるTOB価格3900円にサヤ寄せ目指す動き。

J.フロント リテイリング<3086> 758 +67
想定以上の上半期業績上方修正にサプライズ。

グリー<3632> 510 +43
大規模な自社株買いの実施発表を好材料視。

タカキュー<8166> 162 +17
特に材料もなく決算前に仕掛け的な動き。

エスケイジャパン<7608> 349 +30
ラウンドワンのクレーンゲーム開始など思惑視も。

武蔵精密工業<7220> 1105 +43
29日にはSMBC日興証券が新規に買い推奨。

インプレスホールディングス<9479> 182 +9
第1四半期好決算などあらためて材料視か。

新光電気工業<6967> 1835 +53
上値抵抗線突破で買い戻し優勢か。

キャリアリンク<6070> 1749 +74
想定以上の好決算を評価する動きが継続。

オリンパス<7733> 2182 +48
特に新規の材料も観測されず買い戻し優勢か。

チェンジ<3962> 8380 -1620
29日は自律反発もあらためて手仕舞い売りが優勢に。

ケーヨー<8168> 877 -148
通期業績上方修正もサプライズなく出尽くし感に。

ダブル・スコープ<6619> 722 -105
引き続き新株予約権発行による潜在的な希薄化を嫌気。

グッドコムアセット<3475> 2623 -168
株式分割や増配の一方で株主優待制度を廃止。

スギホールディングス<7649> 7440 -570
好決算発表もサプライズは限定的で出尽くし感。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »