株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

昭和産は大幅反落、21年3月期営業利益予想を下方修正 11月17日13時28分

 昭和産業<2004.T>は大幅反落している。16日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を2560億円から2540億円(前期比横ばい)へ、営業利益を84億円から76億円(同13.7%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 新型コロナウイルス感染症の影響による内食需要の高まりから、中華麺用・日本麺用小麦粉の販売は好調だったが、外食産業やコンビニエンスストア向けなどは厳しい環境となり、売上高が想定を下回る見通しとなったことが要因という。なお純利益は、ボーソー油脂の株式取得に伴う会計処理の結果、上期に負ののれん発生益34億6300万円を特別利益として計上したことで、65億円から90億円(同33.1%増)へ上方修正した。

 同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高1241億8000万円(前年同期比3.1%減)、営業利益41億7700万円(同17.4%減)、純利益69億1800万円(同53.6%増)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ラウンドワンは一時7.6%高と続急伸、地合いの変化で空売り買い戻し加速
ナビタスは急反落、上期営業損益は赤字転落
パーク24が続伸、10月のタイムズパーキング売上高は改善傾向


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »