株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ビーマップが4日ぶり反発、マルチコピー機の私的利用を可能とするシステムが特許取得 12月08日10時49分

 ビーマップ<4316.T>が4日ぶりに反発している。7日の取引終了後、オフィスのマルチコピー機の私的利用を可能にするシステムが特許を取得したと発表しており、これが好感されている。

 同社は、コンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機で各種コンテンツが購入できるサービス「こんぷりん」を展開しているが、今回特許を取得した技術は「こんぷりん」の技術を応用し、オフィスなどに設置されているマルチコピー機で業務使用と私的使用を区別し、必要に応じて私的使用に課金を行うことを可能にするものという。また、同社では今回の特許取得を機に、「こんぷりんビジネス」の普及により注力するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
イルグルムが3日ぶり反発、11月売上高26%増で増収基調維持
ブイキューブなどテレワーク関連が一斉に切り返す、コロナ感染再拡大で米株市場の地合い引き継ぐ◇
<個人投資家の予想> 12月08日 10時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »