株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京通信の20年12月期業績は営業利益が上振れて着地  1月20日16時53分

 東京通信<7359.T>が20日の取引終了後、集計中の20年12月期連結業績について、売上高を21億300万円から24億4900万円(前の期比49.3%増)へ、営業利益を3億500万円から3億8000万円(同40.7%増)へ、純利益を1億2900万円から1億9000万円(同31.9%増)へ上振れて着地したようだと発表した。

 主力のアプリ事業において、グローバル戦略を強化し、ハイパーカジュアルゲームアプリの運用本数を増加したことに加えて、ハイパーカジュアルゲームアプリ「Save them all」が短期間で過去の実績にない成果を出すに至ったことが貢献し、最高の収益を更新するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アピリッツ、2月25日ジャスダックへ新規上場
<個人投資家の予想> 01月20日 16時
午後:債券サマリー 先物は続伸、株安でリスク回避の買い流入


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »