株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

キヤノンMJの20年12月期業績は計画上振れで着地  1月20日18時15分

 キヤノンマーケティングジャパン<8060.T>がこの日の取引終了後、集計中の20年12月期の連結業績について、売上高が5370億円から5450億円(前の期比12.3%減)へ、営業利益が240億円から313億円(同3.5%減)へ、純利益が168億円から219億円(同1.6%減)へ上振れて着地したようだと発表した。

 第4四半期に入り、フルサイズミラーレスの新製品が牽引するカメラや、在宅需要が続くインクジェットプリンターなどが、特に利益面で計画を上回って推移したことが要因としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の為替相場見通し=米大統領就任式に注目
メディ一光Gが2月末を基準日として1株を2株に株式分割
日銀為替市況 午後5時時点、103円74~75銭のドル安・円高


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »