株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

フライトが大幅反発、マイナンバーカード読み取りに対応した新次世代型マルチ決済装置を発売  2月01日12時40分

 フライトホールディングス<3753.T>が大幅高で3日ぶりに反発している。1月29日の取引終了後、子会社フライトシステムコンサルティングが、マイナンバーカードの読み取りに対応した新次世代型マルチ決済装置「Incredist Premium 2」の販売を開始したと発表しており、これが好感されている。

 同製品はマイナンバーカードの読み取りに対応したほか、サイズ、重量は従来品「Incredist Premium」と同等とし、更に読み取りカードは従来と同様に磁気クレジットカード、接触型ICによるクレジットカード(EMV)、非接触ICクレジットカード(コンタクトレスEMV)、Apple Pay、並びに日本の電子マネーに対応しているのが特徴。従来のクレジットカード決済の読み取りニーズだけではなく、マイナンバーカードの読み取りを紐づけて一連の業務が行えるメリットを生かし、多店舗展開している小売業や医療関係者に向けて展開するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
GCAが後場一段高、20年12月期業績は計画上振れで着地
<個人投資家の予想> 02月01日 12時
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で一段高


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »