株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

リックスが3日続伸、21年3月期業績及び配当予想を上方修正  2月08日12時45分

 リックス<7525.T>が3日続伸している。午前11時ごろ、21年3月期の連結業績予想について、売上高を346億円から354億円(前期比18.1%減)へ、営業利益を13億2000万円から16億3000万円(同36.8%減)へ、純利益を9億5000万円から11億6000万円(同36.5%減)へ上方修正し、あわせて期末配当予想を15円から20円へ引き上げたことが好感されている。

 特に国内で新型コロナウイルス感染症の影響による景気の低迷が継続すると想定していたが、各業界とも徐々に回復の兆しがみられることが要因。自社製品では、主力の工作機械用回転継手が工作機械受注の回復に伴い増加傾向にあり、また海外でも中国や米国の子会社で回復傾向が継続しているという。なお、年間配当は35円(前期60円)となる予定だ。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(20年4~12月)決算は、売上高263億2300万円(前年同期比18.4%減)、営業利益11億6700万円(同36.4%減)、純利益8億7500万円(同31.8%減)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ティアックが後場カイ気配スタート、確定給付企業年金制度の改定に伴う利益が発生
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は580円高と横ばい圏
IIJが後場カイ気配スタート、法人ストック売上好調持続で21年3月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »