株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 SMC、レオクラン、ライトアップなど  2月16日07時32分

銘柄名<コード>15日終値⇒前日比
GMOグローバルサイン・ホールディングス<3788> 9120 -990
今期の減益見通しがマイナス視される。

ライドオンエクスプレスホールディングス<6082> 1871 -214
好決算発表も出尽くし感が優勢となる。

タツモ<6266> 1435 -151
今期経常減益見通しがマイナス視される。

アシックス<7936> 1818 -167
今期業績見通しは市場コンセンサスやや下振れへ。

ワタミ<7522> 958 -66
今期最終赤字拡大や無配転落をマイナス視。

アステリア<3853> 979 -79
大幅増益決算発表だが出尽くし感など先行。

アイスタイル<3660> 461 -31
通期業績予想を取り下げて未定に。

名村造船所<7014> 178 -15
10-12月期も最終赤字は拡大へ。

TATERU<1435> 180 -16
大幅減収見通しなどをマイナス視か。

ライオン<4912> 2244 -145
今期の大幅減益見通しがネガティブインパクトに。

マネックスグループ<8698> 948 +58
モルガンの投資部門がビットコインに賭ける是非を検討と伝わる。

日産自動車<7201> 609.9 -17.8
アップルとの交渉終了などと伝わっている。

JT<2914> 1951 -30
上場来初の減配をネガティブ視続く。

SMC<6273> 67480 +1040
コンセンサス上回る水準に業績上方修正。

楽天<4755> 1110 -77
特に決算サプライズもなく戻り一巡感へ。

ファーマフーズ<2929> 3350 -160
先週末に東証1部指定替えで出尽くし感なども。

児玉化学工業<4222> 534+80
下半期収益改善で大幅上方修正へ。

レオクラン<7681> 2879+500
第1四半期の収益急拡大がポジティブサプライズに。

STIフードホールディングス<2932> 4755 +495
今期大幅増益見通しや増配を評価へ。

ミズホメディー<4595> 2349 +75
大幅増益見通し評価の動きが依然継続。

アートスパークホールディングス<3663> 1840 -183
決算サプライズ乏しく出尽くし感にも。

ライトアップ<6580> 4510+700
上方修正及び1対2の株式分割、株主優待制度の新設など材料連発で。

Eストアー<4304> 2859+500
21年3月期予想を上方修正、営業利益は3.98億円から8.20億円に引き上げ。

ロジザード<4391> 2251+400
21年6月期の営業利益を従来予想の1.48億円から3.23億円に上方修正。

チエル<3933> 1650 +132
21年3月期の営業利益を従来予想の3.60億円から5.00億円に上方修正。

ニューラルポケット<4056> 6200 +1000
21年12月期の大幅な増収増益見通しを材料視。

Kaizen Platform<4170> 1631 +128
21年12月期の営業利益見通しは前期の約6.9倍となる1.60億円。

アクリート<4395> 1490 +157
21年12月期の堅調な成長見通しを評価。

エネチェンジ<4169> 5040 +545
3月末に1対2の株式分割実施、21年12月期の売上高予想は34.3%増。

BUYSELL<7685> 3375 +384
21年12月期の営業利益は前期比63.2%増の15.80億円との見通し。

Nexus Bank<4764> 316 +46
21年12月期も引き続き好業績を計画。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »