株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=小糸製、LEDヘッドランプ好調で業績急回復へ  3月09日10時01分

 小糸製作所<7276.T>は上値指向継続の公算が大きく追撃買いで対処したい。2月12日につけた昨年来高値8220円、更には18年1月につけた上場来高値8380円奪回を目標に目先の押し目は買い向かってみたい。

 トヨタ系自動車照明のトップメーカーで、得意とするLEDヘッドランプの収益寄与が今後期待される。21年3月期業績は営業利益段階で前期比35%減の540億円見通しと落ち込むが、四半期ベースでみると20年4~6月期が大底であり、10~12月期は前年同期比31%増と回復色が鮮明だ。22年3月期は通期ベースで今期予想比50~60%前後の大幅増益が期待できるとみられている。

 米国や中国をはじめとする世界的な新車販売の好調は同社にとって強い追い風となる。そのなかLEDヘッドランプは世界トップクラスの明るさと省電力を誇っており、引き合いが旺盛だ。時流に乗る環境対応車(電動車)向けにもLEDランプの需要は高水準で、世界的な電気自動車(EV)シフトの流れを捉え、中長期的にも商機は高まりそうだ。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
9日韓国・KOSPI=寄り付き2989.96(-6.15)
アスカネット反発、第3四半期の営業黒字浮上を好感
アドヴァンが6日ぶり反発、期末配当予想を1円増額へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »