株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「銀行」が27位、米長期金利上昇が追い風に<注目テーマ>  3月10日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 アンモニア
2 全固体電池
3 半導体
4 水素
5 再生可能エネルギー
6 2020年のIPO
7 旅行
8 人工知能
9 デジタルトランスフォーメーション
10 仮想通貨

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「銀行」が27位となっている。

 ここ日米株式市場は、米長期金利の動向に振り回される展開が続いている。新型コロナワクチン普及によるアフターコロナを見据えた景気回復期待が背景とされているが、やや急ピッチな上昇だけに警戒感が高まっているようだ。金利上昇は高PER銘柄にとっては逆風となることから、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数の下落が目立ち、またこれを受けた東京市場でもソフトバンクグループ<9984.T>やファーストリテイリング<9983.T>、東京エレクトロン<8035.T>などの値がさ株への売りが強まった。

 こうした一方で、景気敏感株を中心にバリュー株へ物色の矛先が向かっており、なかでも金融セクターは金利上昇による運用利ザヤ拡大への期待感から買いが優勢となった。低PBRや高配当利回りなども注目され、これらを追い風に改めて銀行株への関心が高まっている。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>といったメガバンクをはじめ、ゆうちょ銀行<7182.T>、りそなホールディングス<8308.T>、あおぞら銀行<8304.T>など。また、千葉銀行<8331.T>、静岡銀行<8355.T>、ふくおかフィナンシャルグループ<8354.T>などの地銀もマークしておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=小幅続伸、上値重く前日終値近辺でもみ合い
東エレクなど半導体製造装置関連が軒並み高、米半導体株高を受け切り返し◇
明日の株式相場に向けて=中小型株のバリュースマッシュ相場続く


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »