株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:積水ハウスや大塚商会などに注目  3月16日09時06分

週明け15日の米国市場では、NYダウが174.82ドル高の32953.46、ナスダック総合指数が139.84pt高の13459.71、シカゴ日経225先物が大阪日中比95円高の29625。16日早朝の為替は1ドル=109.10-20円(15日大引け時は109.28円付近)。本日の東京市場では、米国を中心とした世界的な株価上昇を背景に大型株買いが強まり、昨日は三菱UFJ
<8604>などに比べて出遅れた野村<8604>、みずほ<8411>に買いが入ろう。米10年債利回りの低下で高PER銘柄売りが一服して東エレク<8035>、キーエンス<6861>なども押し目買いが期待できよう。15日大引け後の情報開示銘柄では、今期の増配や増益予想などを発表した神戸物産<3038>、稲葉製作所<3421>、トリケミカル研究所<24369>、三井ハイテック<6966>、しまむら<8227>の値上がりが予想される一方、赤字拡大のコナカ<
7494>は売りに押されよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された積水ハウス<1928>、デンカ<4061>、大塚商会<4768>、ブリヂストン<5108>、荏原製作所<6361>、コンコルディア<7186>、豊田合成<7282>、良品計画<7453>、リコー<7752>、伊藤忠<8001>、丸紅<8002>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、千葉銀<8331>、スルガ銀<8358>、みずほ<8411>、東京海上<8766>、T&DHD<8795>、京王<9008>などに注目。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »