株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トラスコ中山が5日続伸、21年12月期業績及び配当予想を上方修正  3月16日11時25分

 トラスコ中山<9830.T>が5日続伸している。15日の取引終了後、21年12月期連結業績予想について、売上高を2205億2000万円から2275億2000万円(前期比6.6%増)へ、営業利益を124億7000万円から131億7000万円(同19.5%増)へ、純利益を88億7000万円から95億2000万円(同18.9%増)へ上方修正し、あわせて18円としていた中間配当予想を20円50銭に引き上げたことが好感されている。

 自動車産業を中心として、停滞していた工場の生産活動や先送りされていた設備投資が徐々に回復基調となったことに加えて、戦略的に在庫アイテムの拡充を継続し、デジタル投資などの強化を行うことで顧客の利便性向上を図ったことが奏功した。なお、年間配当予想は36円50銭となり、前期実績に対しては6円の増配になる予定だ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=続伸、景気敏感株高く半導体関連にも買い戻し
◎16日前場の主要ヘッドライン
<個人投資家の予想> 03月16日 11時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »