株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

小糸製が6日ぶり反発、国内有力調査機関は目標株価1万円に引き上げ  3月25日14時45分

 小糸製作所<7276.T>が6日ぶりに反発。東海東京調査センターは24日、同社株のレーティングの「アウトパフォーム」を継続するとともに目標株価を9000円から1万円に引き上げた。同社の営業利益率が電気自動車(EV)普及によるLEDヘッドランプの世界的な搭載率上昇、ADB(配光可変ヘッドランプ)の認可増加で中期的な上昇局面に入ったとみている。ADBとは、車載カメラで前方車両を認識し、ヘッドランプの配光を全自動で制御し常にハイビームでの走行を可能にすることで、ドライバーの前方視界を良好に保つシステム。21年に米国、22年には中国でも認可され、普及期に入ると予想される。更に、高性能センサーのLiDAR(ライダー)内蔵のヘッドランプなどを開発していることも評価している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 03月25日 14時
ジーネクストの初値は2851円、公開価格の2.3倍
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」5位に日邦産業


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »