株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アビストが後場上げ幅拡大、スマホを利用した高精度な人体3D計測技術を開発  4月16日13時13分

 アビスト<6087.T>が後場上げ幅を拡大している。午前11時30分ごろ、、北海道大学情報科学研究院システム情報科学部門システム創成学分野金井理教授の技術アドバイスのもと、スマートフォンを利用した高精度な人体3D計測技術の開発を行ったと発表しており、これが好材料視されている。

 今回の技術開発では、iPadのLiDARセンサーを用いた新たな足の3Dスキャン技術を開発し、合成された3Dモデルの誤差を10~20ミリメートルから1~3ミリメートルに抑制したという。これにより、高価格の専用設備によるスキャン精度が一般的なモバイルデバイスでも可能になり、靴や眼鏡などの通信販売、検品や設備検査に寄与するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
Amaziaが反発、新レーベル「マンガBANGコミックス」を創刊
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位にインフォネット


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »