株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・23日>(前引け)=表示灯、エイトレッド、シグマクシス  4月23日11時35分

 表示灯<7368.T>=一時ストップ高。22日の取引終了後、集計中の21年3月期単独業績について、売上高が126億5800万円から132億3000万円(前の期比1.3%増)へ、営業利益が9億5000万円から13億3000万円(同25.7%増)へ、純利益が7億400万円から9億5000万円(同17.7%増)へ上振れ、減益予想から一転して営業増益で着地したようだと発表したことが好感されている。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を懸念していたものの、12月以降にアド・プロモーション事業で追加受注があり、サイン事業でも大口の新規取引や追加受注があったことが要因。また、リモート営業が増加したことによる出張費の減少などにより販管費が抑制できたことも寄与した。

 エイトレッド<3969.T>=急伸。同社はワークフローソフトをパッケージ及びクラウドで提供するが、企業デジタルトランスフォーメーション(DX)投資需要を捉え業績は好調に推移している。22日取引終了後に発表した22年3月期業績予想は、営業利益が前期比12%増の8億8000万円と前期の大幅増益に続き2ケタ成長を確保する見通しとなった。これで8期連続の過去最高利益更新となる。また好業績を背景に今期年間配当も前期実績に2円増配の22円を計画している。これを好感する形で投資資金が流入した。

 シグマクシス<6088.T>=続急騰。1800円台を軸としたもみ合いを一気に上放れる動きをみせている。同社は戦略立案から開発、実行までワンストップで対応できる強みを持つ経営コンサルティング会社で、人工知能(AI)やRPAなどを活用した案件にも強みを発揮する。22日取引終了後に発表した22年3月期業績予想は、売上高が前期比14%増の160億円、営業利益が同43%増の25億円と急回復を見込んでいる。年間配当についても前期実績比2円増配となる24円を計画している。更に同日、伊藤忠商事<8001.T> と資本・業務提携を発表。伊藤忠を引受先とする205万株の第三者割当増資を実施する(発行価格1735円)ことも発表、これを材料に株価は大きく水準を切り上げる格好となった。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
表示灯が一時S高、21年3月期業績は計画上振れ一転営業増益で着地
エイトレッドは地合い悪に逆行し300円超の上昇、今3月期営業2ケタ増益で増配評価
シグマクシスが続急騰、22年3月期営業4割増益見通しで伊藤忠と資本業務提携◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »