株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マネックスGが10%超安、ビットコイン価格下落で関連銘柄に売り◇  4月23日13時54分

 マネックスグループ<8698.T>が10%を超える下げとなっている。米バイデン政権によるキャピタルゲイン課税強化の動きが伝わったことから全般相場は軟調な展開となっているが、こうしたリスクオフの流れがビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)市場にも波及しているようだ。足もとビットコイン価格は5万ドル割れ水準まで売られており、前週半ばにつけた史上最高値からの下落率は2割強に達している。マネックスGをはじめ、セレス<3696.T>、リミックスポイント<3825.T>、インタートレード<3747.T>、GMOフィナンシャルホールディングス<7177.T>など関連銘柄に幅広く売りが出ている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=前日比204円安、売り一巡後に下げ渋る
ロジザードは5日ぶり反発、「ロジザードZERO」が自律走行ロボット「ラピュタAMR」と標準連携
沖縄銀が4日ぶり小反発、21年3月期最終利益は計画上振れ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »