株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反発、ダイキンとエムスリーの2銘柄で約45円分押し上げ  4月28日17時06分

28日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり119銘柄、値下がり97銘柄、変わらず9銘柄となった。

日経平均は反発。前日の米国株式市場で主要株価指数はまちまちの展開。経済指標の回復が下支えするも、バイデン米大統領の議会演説などを明日に控えた警戒感から膠着感の強い動きとなった。本日の日経平均は祝日前の持ち高調整などを背景に続落して始まった。ただ、好決算を受けた主力銘柄の買いなどを背景に間もなくプラスに転じると、その後は上げ幅を拡げる展開となった。ただ、明日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表なども控えているだけに引けにかけて失速する動きが見られた。

大引けの日経平均は前日比62.08円高の29053.97円となった。東証1部の売買高は12億3708万株、売買代金は2兆7025億円だった。セクター別では、証券・商品先物取引業、鉱業、輸送用機器、その他製品、電気機器などが上昇率上位に並んだ。一方、海運業、陸運業、パルプ・紙、鉄鋼、医薬品などが下落率上位に並んだ。東証1部の値上がり銘柄は28%、対して値下がり銘柄は全体の67%であった。

値上がり寄与トップはダイキン<6367>となり1銘柄で日経平均を約23円押し上げた。同2位はエムスリー<2413>となり、ファナック<6954>、デンソー<6902>、ファーストリテ<9983>、ソニーグループ<6758>、東京エレクトロン<8035>などがつづいた。

一方、値下がり上がり寄与トップはソフトバンクグループ<9984>となり1銘柄で日経平均を約32円押し下げた。同2位は京セラ<6971>となり、第一三共<4568>、中外製薬<4519>、コナミHD<9766>、キッコーマン<2801>、セコム<9735>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  29053.97(+62.08)

値上がり銘柄数 119(寄与度+197.65)
値下がり銘柄数  97(寄与度-135.57)
変わらず銘柄数  9

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<6367> ダイキン        22770          625 +22.51
<2413> エムスリー       7780          256 +22.13
<6954> ファナック       25930          515 +18.55
<6902> デンソー         7285          446 +16.06
<9983> ファーストリテ    89730          390 +14.04
<6758> ソニー         11810          360 +12.96
<8035> 東エレク        49360          270 +9.72
<7203> トヨタ          8299          127 +4.57
<6504> 富士電機         5260          590 +4.25
<6098> リクルートHD      5013           33 +3.57
<9433> KDDI           3333           15 +3.24
<4503> アステラス薬      1614           17 +3.06
<6857> アドバンテ       10520           40 +2.88
<7267> ホンダ          3265           38 +2.74
<4507> 塩野義          5754           71 +2.56
<7951> ヤマハ          6120           70 +2.52
<5333> ガイシ          2015           69 +2.48
<7832> バンナムHD       8156           60 +2.16
<3382> 7&iHD           4521           54 +1.94
<7733> オリンパス      2249.5           13 +1.87

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     9891         -149 -32.19
<6971> 京セラ          6772         -393 -28.30
<4568> 第一三共         2815          -90 -9.72
<4519> 中外薬          4143          -61 -6.59
<9766> コナミHD         6420         -140 -5.04
<2801> キッコーマン      6730         -110 -3.96
<9735> セコム          9070         -110 -3.96
<4523> エーザイ         7189          -82 -2.95
<4704> トレンド         5200          -80 -2.88
<6305> 日立建          3185          -75 -2.70
<9022> JR東海         15445         -715 -2.57
<6645> オムロン         8530          -60 -2.16
<9009> 京成           3355          -95 -1.71
<4043> トクヤマ         2560         -234 -1.69
<4063> 信越化         18580          -45 -1.62
<9613> NTTデータ        1676           -9 -1.62
<1721> コムシスHD       3395          -40 -1.44
<2282> 日本ハム         4820          -75 -1.35
<7751> キヤノン         2593          -24 -1.30
<6103> オークマ         6030         -160 -1.15



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »