株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=反発、手掛かり材料難も押し目買い優勢に  4月28日11時50分

 28日前引けの日経平均株価は前営業日比110円45銭高の2万9102円34銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は5億5441万株、売買代金概算は1兆1446億9000万円。値上がり銘柄数は900、対して値下がり銘柄数は1147、変わらずは130銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は様子見ムードのなか、朝方は売り先行で日経平均は安く始まったが、その後は押し目買いに下げ渋り、前場後半はプラス圏に浮上した。その後も買いが続きジリ高歩調となった。前日の米国株市場が高安まちまちの展開で手掛かり材料に事欠いたが、為替の円安などを追い風にハイテク株などが買われ全体を押し上げた。FOMCの結果を控え、積極的に上値を買い進む動きはみられなかったものの、2万9000円近辺では値ごろ感からの買いが厚い。

 個別ではレーザーテック<6920.T>が高く、任天堂<7974.T>、ソニーグループ<6758.T>なども上昇した。ファーストリテイリング<9983.T>もしっかり。ファナック<6954.T>、アドバンテスト<6857.T>も買いが優勢だった。富士興産<5009.T>、ホクシン<7897.T>などが値を飛ばした。半面、ソフトバンクグループ<9984.T>が冴えず、JR東海<9022.T>も値を下げた。アンリツ<6754.T>が大きく売られ、日本郵船<9101.T>も利食いに押された。さくらインターネット<3778.T>が急落、トクヤマ<4043.T>の下げも目立った。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・28日>(前引け)=ホクシン、富士電機、新光電工
ホクシンが異色の急騰劇、空売り呼び込み需給相場の様相に
富士興産が急騰、上位株主の投資会社がTOB発表で物色人気化


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »