株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

タカギセイコが8日続伸、海外受注増で21年3月期業績は計画上振れ  5月11日09時46分

 タカギセイコー<4242.T>が8日続伸している。10日の取引終了後、集計中の21年3月期連結業績について、売上高が367億円から371億4000万円(前の期比21.0%減)へ、営業利益が7億9000万円から9億5000万円(同61.3%減)へ、最終損益が8億1000万円の赤字から6億6000万円の赤字(前の期11億3100万円の黒字)へ上振れて着地したようだと発表したことが好感されている。

 海外におけるOA(その他)分野の受注の増加に加えて、為替レートが想定よりも円安で推移したことによる邦貨換算の増収効果が要因。また、為替差益の増加なども寄与した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
タカギセイコの21年3月期業績は計画を上回って着地
ビーマップが反発、ソリューション事業の受注上積みで21年3月期業績は計画上振れ
JMACSが一時11%高と逆行、業績の飛躍的回復とウェアラブル端末に期待


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »