株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オープンHが21年9月期業績予想を再上方修正◇  5月14日17時02分

 オープンハウス<3288.T>がこの日の取引終了後、21年9月期の連結業績予想について、売上高を7676億円から7880億円(前期比36.8%増)へ、営業利益を838億円から960億円(同54.5%増)へ、純利益を600億円から670億円(同12.6%増)へ上方修正し、50円を予定していた期末配当を60円に引き上げた。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う新しい生活様式のもと自宅にワークスペースなどを求める顧客が増加し、都心部の戸建住宅に対する需要が高まり戸建関連事業の販売が好調に推移していることが要因。また、グループの好調な事業の進捗やプレサンスコーポレーション<3254.T>の連結化などを反映させた。なお、年間配当は110円となり、前期実績に対しては30円の増配となる。

 同時に発表した第2四半期累計(20年10月~21年3月)決算は、売上高3639億4500万円(前年同期比39.0%増)、営業利益416億1400万円(同53.9%増)、純利益327億5100万円(同80.6%増)だった。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Speeeが21年9月期業績予想を上方修正
14日中国・上海総合指数=終値3490.3762(+60.8401)
14日韓国・KOSPI=終値3153.32(+31.21)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »