株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

明日の株式相場に向けて=日立、トヨタの“強調相場”の意味  5月24日17時45分

 24日の東京株式市場は日経平均株価が前週末に比べ46円高の2万8364円と小幅に3日続伸した。前週末21日の米国市場でNYダウは上昇したもののナスダック指数は下落し、足もとではビットコイン価格も下げ止まらないなか東京市場への影響が気にされたが、下値には買いが入り日経平均株価は底堅く推移した。

 外国人を含めた機関投資家は、新型コロナウイルスワクチンの接種状況に敏感に反応しており、きょうから東京・大阪での大規模接種が始まったことも前向きに受け止められたようだ。徐々にだがワクチン相場は始まりつつある、とみていいのだろう。

 依然として、「グロース(成長)株vs景気敏感株」の論争が続いているが、足もとではトヨタ自動車<7203.T>が史上最高値に買われ、日立製作所<6501.T>が20年ぶり高値に上昇するなど、伝統的なグローバル企業が評価されていることが注目できる。日立はITサービス事業を軸とした構造転換で、22年3月期純利益は最高益見通し。トヨタも堅調な業績と自社株買いや株式分割が評価されている。

 ともに世界景気回復が追い風となる一方で、株価に出遅れ感があったことがポイントだ。足もとでは同じく大手重電メーカーの東芝<6502.T>や三菱電機<6503.T>、総合重機のIHI<7013.T>、自部品大手のデンソー<6902.T>やアイシン<7259.T>、大手商社の三井物産<8031.T>といった銘柄が強含む展開となっている。米インフレ懸念が払しょくできず相場の見方が割れる局面では、トヨタや日立のような伝統的なグローバル企業が再評価される局面が続きそうだ。

 明日は国内では目立ったイベントはなく、海外では明晩にかけドイツ・5月Ifo景況感指数や米5月消費者信頼感指数などが発表される。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(大引け)=46円高と小幅に3日続伸、コロナワクチン大規模接種に期待
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は140円高へ上昇幅拡大
東京株式(前引け)=前週末比58円高、下値には買いが流入


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »