株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~25日移動平均線が位置する28800円辺りを窺うトレンド形成へ~  5月25日08時22分

25日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:25日移動平均線が位置する28800円辺りを窺うトレンド形成へ
■フジタコーポ、21/3上方修正 営業損失▲1.35億円、22/3予想 黒字転換
■前場の注目材料:日立金属、自律ロボで部品検査、立ち上げ時間半減


■25日移動平均線が位置する28800円辺りを窺うトレンド形成へ

25日の日本株市場は強含みの相場展開が見込まれそうだ。24日の米国市場ではNYダウが186ドル高、ナスダックは190ポイント高だった。ビットコインを始めとする暗号資産が買い戻されていることで投資家心理が改善。新型コロナワクチンの接種加速で経済活動の正常化が一段と進むとの期待から、引き続き景気敏感株が買われた。また、長期金利が一時、1.6%を下回るなど落ち着いて推移していることからハイテク株の買いを誘う格好。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円高の28495円。円相場は1ドル108円80銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする形から買い先行で始まろう。インフレ圧力への警戒感は根強いものの、長期金利の低下により徐々に織り込みを見せてきているようである。また、アマゾンドットコムなど主要ハイテク株の上昇により、指数インパクトの大きい値がさハイテク株などへの見直しも意識されやすいところである。VIX指数は18.40と5月14日以来の18台に低下していることも、リスク選好志向に向かわせそうである。

昨日の日経平均は先物主導の上昇により寄り付き直後に28584.18円まで上昇したものの、その後は28500円での戻り待ちの売り圧力などが意識されていた。足元で下値を切り上げる形でのリバウンド基調を続けており、上値抵抗の28500円処を再び捉えてくることにより、25日移動平均線が位置する28800円辺りを窺うトレンド形成が期待されてくる可能性はありそうだ。米株上昇の要因となった暗号資産については依然として不透明感があるほか、イーロン・マスク氏のツイートで大きく動く状況が続いており、引き続き方向感を掴みづらくさせるだろう。

そのため、積極的な上値追いこそないものの、国内においては今後数週間で新型コロナのワクチン接種が一気に進展する可能性があるなか、海外勢の押し目買い意欲は次第に強まってくる可能性はありそうだ。物色の流れとして昨日は景気敏感株への資金集中が見られており、バリュー優位の展開だった。本日は米ハイテク株上昇が支援材料になることから、グロース優位といったところか。また、マザーズ銘柄など中小型株への物色も意識されやすいところである。



■フジタコーポ、21/3上方修正 営業損失▲1.35億円、22/3予想 黒字転換

フジタコーポ<3370>は2021年3月期業績を発表。売上高は前期比9.9%減の41.71億円、営業損失は1.35億円(前期は0.07億円の損失)だった。22年3月期については、感染対策を実施しつつ、新しい生活様式に対応したデリバリーやテイクアウトサービスの強化、各種契約内容の見直しを含む徹底したコストの管理等に努め、営業黒字転換を予想。



■前場の注目材料

・日経平均は上昇(28364.61、+46.78)
・NYダウは上昇(34393.98、+186.14)
・ナスダック総合指数は上昇(13661.17、+190.18)
・シカゴ日経225先物は上昇(28495、大阪比+155)
・SOX指数は上昇(3122.98、+70.88)
・VIX指数は低下(18.40、-1.75)
・米原油先物は上昇(66.05、+2.47)
・米長期金利は低下
・海外コロナワクチン接種の進展
・世界的金融緩和の長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・日立金属<5486>自律ロボで部品検査、立ち上げ時間半減
・新日本理化<4406>100億円投資、脱炭素・天然由来品にシフト
・JAL<9201>一般ゴミ原料のバイオ燃料23年度導入、北米定期便に
・三菱ケミHD<4188>ホンダなど、アクリル樹脂リサイクルで協業、CO2を70%以上減
・デンソー<6902>米ハネウェルと協業拡大、空飛ぶクルマ用で
・クボタ<6326>印工場再開
・SBI<8473>SL事業撤退
・住友商事<8053>エチオピアの携帯電話事業に参入
・マークラインズ<3901>車情報サイト新規契約600社開拓、オンラインセミ活用
・豊田織<6201>樹脂ウインドー、低コスト・大型化実現、新工法
・日特殊陶<5334>容量10ワット時の全固体電池開発、対応温度域拡大
・DMG森精機<6141>ノースカロライナに米東部・南東部を管轄する拠点開設
・TDK<6762>3カ年中計、7500億円投資、中型リチウム電池に重点
・アドバンテスト<6857>3カ年中計策定、売上高3800億円
・旭化成<3407>旭化成など、プラ循環でプロジェクト、23年度にサービス開始
・日本冶金工業<5480>川崎にステンレス薄板向けラインを新造・改造、加工精度高度化


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・特になし

<海外>
・特になし

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »