株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

MSCIリバランスに関心、きょう引けにかけて売買発生も◇  5月27日11時46分

 MSCIのリバランスに向けた動きが関心を集めている。国際的な投資指標であるMSCIは日本時間の12日にMSCIの定期入れ替えを発表し、イオンモール<8905.T>や、エア・ウォーター<4088.T>、アルフレッサ ホールディングス<2784.T>など29銘柄の除外を公表した。今回の除外銘柄数は多く、その入れ替えはきょうの取引終了後に実施されることから引けにかけての関連銘柄への影響が注目されている。名古屋鉄道<9048.T>やJR九州<9142.T>、ふくおかフィナンシャルグループ<8354.T>、アマダ<6113.T>、クラレ<3405.T>などの動向が関心を集めている。また、FIF(外国人投資可能浮動株比率)の変更に伴い、ソフトバンクグループ<9984.T>などに売り需要が発生することを警戒する見方も出ている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=反落、目先利益確定の売り優勢に
ソフトバンクGはやや売り優勢、MSCI絡みの巨額の売り需要巡り思惑錯綜
<05月26日の陽線包み足達成銘柄(買いシグナル)>


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »