株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

注目銘柄ダイジェスト(前場):まぐまぐ、タダノ、GCAなど  6月03日11時50分

デンカ<4061>:3855円(-290円)
大幅反落。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「買い」から「中立」に格下げ、コンビクション・リストからも削除している。目標株価も5100円から4500円に引き下げへ。新型コロナウイルス検査薬のピークアウトなどを格下げの背景としているもようだ。足元では、ワクチン接種の進展などにより、アフターコロナを見据え電鉄株などに人気が集まる状況となるなか、調整含みの展開にもなっていた。


アドバンクリエ<8798>:907円(+46円)
大幅反発。前日に21年9月期の業績上方修正を発表している。営業利益は従来の18億円から20億円、前期比68.9%増に引き上げている。直営支店の業績が引き続き高水準で推移し、4月は前年同月比93%増、5月は同52%増と大幅に伸長、コロナ禍前の業績も上回って単月としては過去最高水準の実績を記録していることが背景。上半期の前年同期比42.5%増から一段と増益率が拡大する形になっており、ポジティブな反応が優勢に。


GCA<2174>:1009円(+91円)
大幅続伸。前日に21年12月期の業績上方修正を発表している。営業利益は従来の34億円から47億円、前期比74.2%増に引き上げている。フォーカスしているテクノロジー/デジタル関連案件が力強く推移、欧州では年初からの5か月間で記録的な売上を計上、米国でも順調に受注残が増加しているようだ。第1四半期大幅増益から好決算期待はあったが、想定以上の修正幅と捉える動きが先行している。


タダノ<6395>:1192円(+110円)
大幅続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も810円から1400円に引き上げている。クレーンが需要回復局面を迎えること、欧州事業の事業再生計画の承認、2019年の買収事業の業績回復確度の高まりなどから、今後は業績拡大局面を迎える可能性が高まったと判断しているもよう。非創業家出身の新社長の変革にも期待しているようだ。


ファーストリテ<9983>:84670円(-4100円)
大幅続落。前日に5月の月次動向を発表している。既存店売上高は前年同月比0.6%減、12カ月ぶりのマイナスに転じている。客数が同19.2%増となった一方、客単価が同16.6%低下した。緊急事態宣言のエリア拡大や期間の延長により、月末にかけて外出自粛ムードが強まったもようだ。また、前年は月後半にかけて緊急事態宣言が解除され、ハードルは高かったようだ。


まぐまぐ<4059>:1451円(+300円)
ストップ高。21年9月期の期末配当を従来予想の無配から7.00円(前期末実績は無配)に増額修正している。当初の予想よりも業績の進捗が良好なことから、業績動向や財政状態、事業環境などを総合的に勘案したという。年間配当も同額となる。まぐまぐが5月13日に開示した21年9月期第2四半期累計(20年10月-21年3月)の純利益は0.58億円で、通期予想(0.90億円)に対する進捗率は64.4%だった。


フェローテク<6890>:2951円(+206円)
70上場来高値(2930円)を更新。22年3月期の純利益を従来予想の78.00億円から123.00億円(前期実績73.71億円)に上方修正している。持分法適用関連会社の持分の変動に伴い、約45億円の持分変動利益が発生することから第1四半期に特別利益として計上する見込みとなったため。営業利益予想は150.00億円(同87.30億円)で据え置いた。


チエル<3933>:1316円(+81円)
大幅に反発。20万株(3億円)を上限に自社株買いを実施すると発表している。発行済株式総数(自社株を除く)に対する割合は2.56%。取得期間は7日から9月30日まで。資本効率の向上を通じた株主への利益還元に加え、経営環境に応じた機動的な資本政策の遂行を図ることが目的。チエル株は前日に年初来安値(1231円)を付けており、押し目買いも入っているようだ。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »