株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=97円高、3日ぶり反発も模様眺めで上値重い  6月10日15時39分

 10日の東京株式市場は、様子見ムードが漂うなか日経平均は頑強な値動き。寄り付きこそ安く始まったもののその後は切り返した。ただ上値も重かった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比97円76銭高の2万8958円56銭と3日ぶり反発。東証1部の売買高概算は10億2805万株、売買代金概算は2兆4042億円。値上がり銘柄数は991、対して値下がり銘柄数は1066、変わらずは136銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日の米国株市場でNYダウが3日続落したほか、ナスダック総合指数も終盤失速してマイナス圏で引けたことで、朝方取引開始前は手控え感が強かった。しかし売り圧力は限定的であり、安かったのは取引開始直後のみで、すぐにプラス圏に浮上した。新型コロナワクチンの普及が進んでいることから、経済活動が正常化することへの期待が全体相場を支えた。ただ一方で、あすにメジャーSQ算出を控え上値も重く、日本時間今晩に発表される5月の米消費者物価指数の結果を見極めたいとの思惑もあり、買いポジションを積極的に高める動きは見られなかった。日経平均は後場も高値圏で売り物を吸収し売買代金も増勢ながら、値下がり銘柄数が1000を超え、値上がり銘柄数を上回った。なお、TOPIXはわずかながら前日終値を下回って着地している。

 個別では、レーザーテック<6920.T>が切り返したほか、ファーストリテイリング<9983.T>も堅調。東京エレクトロン<8035.T>、ソニーグループ<6758.T>なども終始買いが優勢だった。ファナック<6954.T>がしっかり。日本郵船<9101.T>が高く、テルモ<4543.T>も上昇した。ダイキン工業<6367.T>も値を上げた。コーナン商事<7516.T>は急伸、イーエムシステムズ<4820.T>、サニックス<4651.T>、アセンテック<3565.T>なども値を飛ばした。フィックスターズ<3687.T>も物色人気に。

 半面、エーザイ<4523.T>が大きく利食われ、任天堂<7974.T>も売りに押された。ソフトバンクグループ<9984.T>、トヨタ自動車<7203.T>も冴えない。ペッパーフードサービス<3053.T>が急落、ツカダ・グローバルホールディング<2418.T>も大きく利食われた。日本ケミファ<4539.T>、クロス・マーケティンググループ<3675.T>が売られ、モリテック スチール<5986.T>も安い。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東証主体別売買動向:6月第1週、外国人・現物は605億円と2週連続買い越し
明日の株式相場に向けて=ノイズに過ぎない米経済指標
<動意株・10日>(大引け)=東京計器、ソフトフロン、ケアネットなど


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »