株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=反落、FOMC前で様子見も値上がり銘柄多い  6月16日11時48分

 16日前引けの日経平均株価は前営業日比94円10銭安の2万9347円20銭と反落。前場の東証1部の売買高概算は5億957万株、売買代金概算は1兆2294億円。値上がり銘柄数は1170、値下がり銘柄数は882、変わらずは137銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の米国株市場ではNYダウ、ナスダック総合指数など主要株指数が揃って下落したことを受け利益確定の売りが優勢となった。FOMCの結果を控え様子見ムードが強い。セクター別では半導体関連株が利食われたほか、空運や陸運株も売りが目立った。半面、原油高を背景に資源関連の一角や石油株が高い。個別は中小型株に買われるものも目立ち、値上がり銘柄数が1170と多く、値下がり銘柄数を上回っている。

 個別では、任天堂<7974.T>が大きく値を下げたほかファーストリテイリング<9983.T>も下落した。東京エレクトロン<8035.T>、レーザーテック<6920.T>なども売りに押された。リクルートホールディングス<6098.T>も軟調。ザッパラス<3770.T>が急落、ひらまつ<2764.T>も安い。半面、トヨタ自動車<7203.T>が堅調、日立製作所<6501.T>も買い優勢。ダイキン工業<6367.T>もしっかり。フォーカスシステムズ<4662.T>は連日のストップ高、ERIホールディングス<6083.T>なども値を飛ばした。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ERIHDが急伸、新設建築着工数の持ち直しで21年5月期営業利益は計画上振れ
SUMCOなど半導体関連が軟調、米長期金利上昇とSOX指数反落受け利食い誘発◇
東京株式(寄り付き)=反落、FOMC前でポジション調整の売り先行


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »