株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大同工は大幅続伸で約3年ぶり高値水準、今期営業利益倍増予想で24年3月期は更に倍  6月21日10時57分

 大同工業<6373.T>が大幅続伸、前週末に6.6%高と急動意、更にきょうは上げ足を加速させ一時7.7%高の1230円に買われ連日の年初来高値更新となった。同社株の1200円台乗せは18年7月下旬以来約3年ぶりとなる。ホンダ向けを主力とする二輪車用チェーンメーカーで、国内約70%の圧倒的なシェアを誇る。自動車用チェーンも北米中心に需要を伸ばし収益に反映させている。22年3月期営業利益は前期比倍増となる25億円を予想しており、業績変化妙味が大きい。なお、再来期の24年3月期の営業利益は今期予想比で更に倍の50億円を目指す中期経営計画を進行中で、これも投資資金流入の背景となっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
21日中国・上海総合指数=寄り付き3515.5006(-9.5962)
ナノキャリアが反発、NC-6300がFDAからファスト・トラック指定される
千代建が3日ぶり反発、ENEOSと「グリーン水素」プラントを共同開発と報道◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »