株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 ANA、SREホールディングス、トレックス・セミコンダクターなど  6月22日07時15分

銘柄名<コード>21日終値⇒前日比
ANA<9202> 2713.0 +16.5
国内のワクチン接種、
1日100万回に到達したとの推測も追い風にアフターコロナ物色。

インソース<6200> 2135 +23
ITスキルなどの研修サービスやコンサルティングサービスを提供する
アイ・ラーニング(東京都中央区)と提携したと発表。

MICS化学<7899> 366 +18
防臭・消臭効果のある新しいフィルムを開発したと発表し一時急騰。

SREホールディングス<2980> 6770 +180
監視カメラ動画をAIでリアルタイムに分析する
モニタリングソリューションを開発。

トレックス・セミコンダクター<6616> 3010 +215
ノベルクリスタルテクノロジー出資企業として引き続き関心。

大同工業<6373> 1209 +67
高い業績変化率など手掛かりに上値追い続く。

名糖産業<2207> 1599 +47
固定資産売却による純利益の上方修正を発表。

ひらまつ<2764> 226 +2
アフターコロナ銘柄の一角では底堅い動きも散見。

タムラ製作所<6768> 955 +102
信用売り方の買い戻しが優勢の展開に。

大紀アルミニウム工業所<5702> 1154 -107
先週末に急伸の反動も強まる。

名村造船所<7014> 172 -15
希望退職者の募集結果を発表している。

ダントーHD<5337> 247 -19
地合い悪化で業績悪嫌気の動きが再度強まる。

T&DHD<8795> 1390 -93
米長期金利の伸び悩みなど金融関連株の伸び悩みにつながる。

住友ゴム工業<5110> 1486 -95
モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断格下げの観測。

豊田通商<8015> 5060 -310
大手自動車株の下落なども見切り売り圧力強める。

日産化学<4021> 5240 -320
日経平均の大幅下落につれ安する形へ。

信越化学工業<4063> 18060 -1100
特段の材料観測されないが地合い悪化に押される。

コナミHD<9766> 6700 -310
先週末はSMBC日興証券の目標株価引き上げなどで強い動きも。

セレス<3696> 3345 -210
地合い悪化のなかで高水準の信用買い残が重しにも。

CKD<6407> 2318 -139
米ナスダック下落で半導体関連も調整に。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »