株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、ソフトバンクGとファーストリテの2銘柄で約148円押し下げ  7月05日17時11分

5日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり84銘柄、値下がり132銘柄、変わらず9銘柄となった。

日経平均は反落。2日の米国市場でNYダウは4日続伸し、152ドル高となった。6月の雇用統計で雇用者数の伸びが市場予想を上回ったものの、長期金利の低下でハイテク株を中心に買いが入り、ナスダック総合指数とS&P500指数は揃って過去最高値を更新。しかし、週明けの日経平均は73円安からスタートすると、朝方には28581.08円(前週末比202.20円安)まで下落する場面があった。引き続き新型コロナウイルスの感染拡大が警戒され、4日投開票の東京都議会議員選の結果から政治リスクを指摘する向きもあった。

大引けの日経平均は前週末比185.09円安の28598.19円となった。東証1部の売買高は7億7429万株、売買代金は1兆7144億円だった。業種別では、鉄鋼、情報・通信業、パルプ・紙が下落率上位だった。一方、空運業、海運業、陸運業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の61%、対して値上がり銘柄は34%となった。

値下がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位はファーストリテ<9983>となり、2銘柄で日経平均を約148円押し下げた。ファーストリテは、先週末に月次動向を発表。既存店売上高は前年同月比19.2%減、前月の同0.6%減から減少率が拡大している。また、日経平均構成銘柄の下落率トップもソフトバンクGで5.39%安、同2位はJFE<5411>で4.04%安だった。ソフトバンクGは、中国配車アプリ最大手ディディのアプリで、個人情報の収集と利用に関する法律や規則の重大な違反を確認したとの中国ネット規制当局の発表を受けて、筆頭株主となっているビジョンファンドの含み益減少を警戒する動きが優勢に。

一方、値上がり寄与トップはリクルートHD<6098>、同2位はテルモ<4543>となり、2銘柄で日経平均を約15円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは三井E&S<7003>で5.57%高、同2位はANA<9202>で2.56%高だった。


*15:00現在

日経平均株価  28598.19(-185.09)

値上がり銘柄数  84(寄与度+71.04)
値下がり銘柄数 132(寄与度-256.13)
変わらず銘柄数  9

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<6098> リクルートHD      5619     91 +9.83
<4543> テルモ          4479     38 +5.47
<6857> アドバンテ       9760     60 +4.32
<6762> TDK           13480     110 +3.96
<6645> オムロン         9020     110 +3.96
<6971> 京セラ          6926     52 +3.75
<6976> 太陽誘電         5540     100 +3.60
<2413> エムスリー       8065     30 +2.59
<4151> 協和キリン       4020     65 +2.34
<7832> バンナムHD       7695     55 +1.98
<6954> ファナック       26960     50 +1.80
<9009> 京成           3645     90 +1.62
<4324> 電通G           4045     45 +1.62
<3659> ネクソン         2468     21 +1.51
<6702> 富士通         21255     410 +1.48
<4021> 日産化学         5400     40 +1.44
<9613> NTTデータ        1733      8 +1.44
<7735> スクリン        10700     170 +1.22
<5713> 住友鉱          4436     59 +1.06
<8267> イオン          3007     26 +0.94

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     7391    -421 -90.96
<9983> ファーストリテ    81500   -1580 -56.90
<4523> エーザイ        10500    -355 -12.78
<6367> ダイキン        20740    -230 -8.28
<4519> 中外薬          4331     -69 -7.45
<4911> 資生堂          8165    -165 -5.94
<9433> KDDI           3420     -24 -5.19
<2801> キッコーマン      7210    -120 -4.32
<4568> 第一三共         2346     -36 -3.89
<6758> ソニー         11240    -100 -3.60
<4452> 花王           6829     -95 -3.42
<5108> ブリヂストン      5092     -78 -2.81
<6902> デンソー         7559     -74 -2.66
<2502> アサヒ          5140     -66 -2.38
<9735> セコム          8466     -61 -2.20
<7951> ヤマハ          6070     -60 -2.16
<7203> トヨタ          9772     -48 -1.73
<4502> 武田           3712     -41 -1.48
<7272> ヤマハ発         2999     -41 -1.48
<7267> ホンダ          3591     -19 -1.37



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »