株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=オープンハウス、好業績・増配評価で最高値奪回へ  7月06日10時00分

 オープンハウス<3288.T>の5000円台前半でのもみ合いは買い場と判断される。同社は首都圏を中心に戸建てやマンションを展開する。4月には大阪に新拠点を開設し、関西圏での展開にも傾注している。

 21年9月期の中間決算(10~3月期)は戸建て部門が業績に寄与するほか、1月に子会社化したプレサンスコーポレーション<3254.T>の収益貢献もあって、売上高が前年同期比39%増の3639億4500万円、営業利益が同54%増の416億1400万円と大幅な伸びを達成した。これを受け通期見通しについても今期2度目となる増額修正を発表、営業利益段階で前期比55%増の960億円を見込む。コロナ禍にあって在宅勤務などのリモートワーク特需が追い風となっている。今後リモートワーク特需は一服することが予想されるものの、注力する関西エリアでの需要開拓が業績を後押しする公算が大きい。

 株価はPER10倍前後と割安感があるほか、21年9月期の年間配当も前期実績比30円の増配となる110円を計画している点は評価される。6月10日につけた5350円(修正後株価)の上場来高値更新から5000円台後半を目指す動きが期待できそうだ。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日医工が3日続落、カモスタットメシル酸塩のコロナ治療を目的とした開発を中止
ナ・デックスは4日ぶり反発、24年4月期売上高目標400億円とする中期計画を策定
暁飯島工業が大幅続伸、原価管理徹底など寄与し21年8月期営業利益予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »