株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:タスキは大幅続伸、放電精密が大幅反落  7月07日16時34分

<2702> マクドナルド 4930 +25
小幅高。6月の既存店売上高が前年同月比14.7%増だったと発表している。12カ月連続のプラスで、伸び率は前月(5.7%増)から加速した。客数は12.3%増(前月22.5%増)、客単価は2.2%増(同13.7%減)となった。全店ベースの売上高は15.8%増(同6.7%増)。利便性を考えた店舗運営やドライブスルー、デリバリーなどの継続、マーケティング活動が奏功し、売上高拡大に寄与した。

<2987> タスキ 1821 +77
大幅続伸。経済産業省が定めるDX認定制度に基づく「DX認定事業者」に選定されたと発表している。DX認定制度は、ビジョンや戦略、ITシステム活用環境の整備など「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応する企業を国が認定する制度。選定が同社の不動産価値流通プラットフォーム「TASUKI TECH」などの拡販に寄与するとの見方から買いが入っているようだ。

<6469> 放電精密 842 -47
大幅反落。22年2月期の営業損益を従来予想の3.50億円の黒字から4.00億円の黒字(前期実績は5.65億円の赤字)に上方修正している。航空機エンジン部品の一部アイテムで回復の兆しが見えることに加え、ガスタービン部品の受注が堅調なため。原価低減施策も増益に寄与する見通し。ただ、目先の材料出尽くし感から売り優勢となっている。

<7043> アルー 1007 0
朝高後に値を消す。KADOKAWA<9468>傘下のドワンゴ(東京都中央区)が開発・提供する法人向けオンラインプログラミング研修「N Code Training」の販売を開始すると発表している。角川ドワンゴ学園で導入しているプログラミングコースを法人向けに展開する。初心者からでも段階的にプログラミングの基礎を学べるコース、Google Apps Scriptを使った業務改善を通じてプログラミングを実践的に学ぶコースを設ける。

<7376> BCC 3495 -
上場2日目で公開価格(1300円)の2.6倍となる3350円で初値を付けた。会社設立は14年1月20日。IT企業への営業支援サービスの提供に加え、ヘルスケア分野での市場調査やプロモーション支援の提供、ヘルスケア関連施設の運営受託などを手掛ける。21年9月期の営業利益予想は前期比199.4%増の1.15億円。ヘルスケア支援事業の市場調査などの獲得件数増加で利益拡大を目指す。第2四半期累計の実績は0.96億円だった。

<7707> PSS 811 +8
大幅に3日ぶり反発。仏エリテック社製の新型コロナウイルス変異検出用試薬「SARS-CoV-2 Extended ELITe MGB Kit」及び「SARS-CoV-2 Extended-ELITe Positive Control」を12日から販売開始すると発表している。先行受注は6日から。現在販売中の研究用試薬を拡張してデルタ株(インド型変異株)など4種の変異を同時に検出するマルチプレックスPCR試薬で、プレシジョン・システム・サイエンスの全自動PCR検査装置に対応している。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »