株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・12日>(前引け)=わかもと製薬、ライフコーポ、OSG  7月12日11時42分

 わかもと製薬<4512.T>=商い伴い急反騰。同社は前週末9日、独VSYバイオテクノロジー社が製造販売する多焦点眼内レンズ(開発コード:WP-2011)の国内臨床試験を開始したと発表しており、これが材料視されているようだ。同社では、同製品は欧州連合における製品の安全性に関する認証である「CE認証」を受けたもので、今回の試験では国内の白内障患者を対象に有効性や安全性について検証するとしている。

 ライフコーポレーション<8194.T>=満を持して急反発。前週末まで8日連続安でこの間に株価を450円も切り下げていたが、きょうは押し目買いが高水準で大きく切り返す動きをみせている。同社は首都圏と京阪神を中心に積極展開する食品スーパー大手。前週末9日に発表した22年2月期第1四半期(3~5月)決算は営業利益が前年同期比3.4%減の84億1500万円と小幅減益となったが、対通期進捗率が44%と高く、コロナ禍にあって健闘が目立つ内容だった。株価は低調な決算を警戒して、事前に大きく下落させていたこともあって、足もとでは買い戻しが集中する格好となった。

 OSG<6136.T>=大幅高で2000円大台回復。前週末は全体波乱相場で一時1900円近辺まで水準を切り下げる場面があったが、その後は下げ渋り長い下ヒゲ陽線をつけ5日移動平均線の上で着地した。きょうは、同移動平均線を足場に一気に上値追い指向を強めている。同社が前週末9日取引終了後に発表した21年11月期上期(20年12月~21年5月)決算は、売上高が前年同期比10.8%増の612億1700万円、営業利益が同17.6%増の70億9100万円と2ケタ増収増益を達成、特に3~5月期の伸びが著しく、これを評価する買いを呼び込んでいる。同社は精密切削工具の大手メーカーだが、新型コロナウイルスの感染拡大を背景に航空機向けは低調ながら、欧州やアジアを中心に自動車向けなどが好調で全体収益を押し上げた。これを評価する買いを呼び込んでいる。

 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
わかもと急反騰、独VSY社手掛ける多焦点眼内レンズの国内臨床試験開始
ライフコーポは満を持して急反発、3~5月期小幅減益も対通期進捗率4割超で見直しへ
OSGは5日移動平均線足場に急反発、今上期売上高・利益ともに2ケタ伸長を好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »